韓国半導体の歴史=日米に封殺された後、世界一流に上り詰める―中国メディア

配信日時:2019年5月24日(金) 7時50分
韓国半導体の歴史=日米に封殺された後、世界一流に―中国メディア
画像ID  1093694
22日、第一財経は、中国の通信機器大手ファーウェイを米国政府が排除する動きを見せている中で「韓国の半導体事業も、日本や米国から封殺されたところから世界一流にまで上り詰めた」とする記事を掲載した。資料写真。
2019年5月22日、中国メディアの第一財経は、中国の通信機器大手ファーウェイを米国政府が排除する動きを見せている中で、「韓国の半導体事業も、日本や米国から封殺されたところから世界一流にまで上り詰めた」とする記事を掲載した。

記事は、1970年代にサムスンが韓国で初めて半導体チップの開発を掲げ、米国や日本の企業が持つ技術の導入を望んだ際、「GDPの水準が低い韓国に、半導体産業はふさわしくない」として両国からの協力が得られなかったと紹介。「それどころか、米国は韓国製の半導体に反ダンピング関税をかけ、韓国製チップの輸出を制限さえした」と伝えている。

そして、「日本や米国の企業から技術やデータの提供を拒否されるなか、韓国の半導体業界はたゆみない努力を重ねて大きく成長し、昨年末時点でサムスン電子とSKハイニックスの2大韓国メーカーがメモリー系半導体の世界市場シェア74.6%を占めるに至った」とした。

そのうえで、現在、米中貿易戦争において技術の移転に関する議論が起きていることについて、韓国半導体産業協会の常務理事が「近年、中国の技術面での成長は目を見張るものがある。2000年代初めの段階で中国のチップ製造技術と韓国の先進技術との間には5世代以上の差があった。それが今では2~3世代に縮まっている」と語ったことを伝えた。

同理事はまた、「韓国の大企業が閉鎖的な開発生産を続ける中で、中国企業の市場参入は韓国の半導体関連中小企業に研究開発の原動力をもたらす」との見方を示すとともに、「韓国の中小企業は巨大な中国市場に入ることで、世界のトップクラスの企業と競い合うチャンスを得ることもできる」との見方を示しているという。(翻訳・編集/川尻

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • すぎた***** | (2019/06/10 02:06)

    日本が米国から明確な封殺を受けたけど、韓国? 70年代ってこれは日本の話でしょ?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • har***** | (2019/05/27 10:34)

    日本の技術者を引き抜いて日本の原材料を使って日本の工作組み立て機械を使って世界一 うむ さすが韓国
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2019/05/25 17:40)

    栄枯盛衰ってのが世の常だからねえ。 基礎科学とかに投資しない韓国の「技術力」も、そろそろ底がみえてきてるんじゃない? まあ、油断して転落したってのはまず日本企業が大先輩だから、彼らがそこから何かを学んだかどうかで延命はできるかもしれないけどね。 とはいえ、日本以上に油断してる気はする。「日本に勝った!」って意識が邪魔をして、足下が見えてないっぽいからね。 日本にも言える事だけど、日本企業で堅実に業績を伸ばしてるのは「世界を見回しても稀」という製品と物造りをしている企業だ。 それを考えると、既存の技術の単純な「延長線上」にあるような物造りは、これからは伸び悩むかもね。 コンピュータ関連の分野では、そろそろ本気で「量子コンピュータ」みたいな革新的な物を求めるべきなのかもしれない。 まあ、世界を牽引するようなものを仮に作ったとしても、日本企業の場合は技術者を冷遇するからなあ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事