Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】中国という大市場は悪意の評価に屈しない

配信日時:2019年5月21日(火) 23時45分
拡大
 国際的なカジュアルファッション企業グループである米国のギャップ(GAP)にとって、2019年は特別な年だ。グループ発足50周年に当たるこの年、GAPは北米の実店舗数百店を閉鎖し、その一方で中国市場へのパイプ拡大に注力する計画だ。今年4月だけでも、同社は中国大陸部に11店舗を開設...
(1/3枚)

 国際的なカジュアルファッション企業グループである米国のギャップ(GAP)にとって、2019年は特別な年だ。グループ発足50周年に当たるこの年、GAPは北米の実店舗数百店を閉鎖し、その一方で中国市場へのパイプ拡大に注力する計画だ。今年4月だけでも、同社は中国大陸部に11店舗を開設した。年内では少なくとも40店舗を展開する計画だ。

その他の写真

 2019年になって以来、対中投資を拡大している外国企業はGAPだけでない。今年1-4月の外資による対中投資額は、実行ベースで前年同期比6.4%増の3052億4000万元だった。対中投資が多い国では韓国が同114.1%増、米国が24.3%増、ドイツが101.1%増だった。

 全世界において国際間の資本移動が大幅に鈍化している状況にあっても、中国が外資を引きつける勢いは増しつつある。このことは中国の発展に対する国際資本の信頼の強さを示している。

 国際資本の中国への信頼とはまず、市場の巨大さに由来する。14億人近い消費人口は世界最大規模であり、成長の最も速い中間収入層が、巨大かつ潜在力が極めて大きな中国市場を創出している。今年第1四半期(1-3月)には中国の経済成長に占める消費の貢献率が65.1%だった。消費は依然として、中国の経済成長にとっての「主力エンジン」だ。

 国際資本が中国を信頼する第2の理由とは市場の活力だ。今年の1-4月、外資による対中投資はかつてと異なる特徴を示した。ハイテク製造業関連の対中投資が実行ベースで前年同期比12.3%増の334億1000万元、ハイテク・サービス業では同73.4%の524億8000万元だったのだ。

 国際資本の中国に対する信頼は、市場の堅実さにも由来する。世界経済の前途に不確定要素が増している状況では、外資は消費市場の安定性と予測可能性を重視する傾向にある。そして、中国政府はまさに現在、当を得た政策と手法の運用を通じて、法治化、国際化、利便化されたビジネス環境の創出を加速している。このことは国際資本に大きな安心感をもたらしている。

 中国は国際通貨基金(IMF)が最近になり唯一、経済成長予想を上方修正した主要な経済体だ。IMFのギータ・ゴピナート首席エコノミストは、「中国政府は果敢な行動を取っている。財政や通貨政策という手法の総合的な利用だ。これが、中国経済の安定を見込める主たる原因だ」との見方を示した。

 対中投資を増やしている国際資本の行動は明らかに、中国という大市場の魅力と吸引力を証明している。中国の習近平国家主席はしばらく前に開催された第2回「一帯一路」国際協力サミットで、中国がさらに広い分野での外資の市場参入を認めていくこと、知的財産権についての国際協力にさらに力を入れること、商品およびサービス貿易の輸入規模をさらに拡大すること、国際的なマクロ経済政策での協調をさらに有効に実施すること、対外開放政策の貫徹と実現をさらに重視することを表明した。

 中国のこうした決意と行動力は、如何なる喧噪にも掻き消されはしない。中国という大市場もまた、如何なるものにどう悪意をもって評されようとも、衰えることのないマーケットなのである。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】米国は「世界の赤字」を作り出す主要な存在だ

 「逆切れする」とは、米国が相手に圧力をかける際の一貫した手口だ。米国は最近、まるで逆上したように、この手法をこれまで以上に使っている。例えば、第11ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議の直前になってから、米国はいきなり、中国が交渉の過程において「立場を後退させた」と中傷し、その...

CRI online
2019年5月20日 22時50分
続きを読む

フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授

 米イェール大学のスティーブン・ローチ教授 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無...

CRI online
2019年5月20日 17時50分
続きを読む

【CRI時評】ファーウェイが窮地からの鮮やかな反撃

 米国商務省は16日、証拠が全くないにかかわらず、中国企業のファーウェイ(華為、HUAWEI)およびその他の70社を、輸出規制の対象とする「エンティティー・リスト」に追加した。このことで、ファーウェイが米国企業から技術や部品を調達することができなくなった。 しかし、米国政府は大切...

CRI online
2019年5月19日 19時40分
続きを読む

米紙『ニューヨークタイムズ』がファーウェイ副総裁の文章を掲載

 17日付けの米紙『ニューヨークタイムズ』は中国企業・ファーウェイ(華為技術)の取締役兼高級副総裁である陳黎芳氏の文章を掲載し、「米国にはファーウェイが必要だ。ファーウェイへの輸出禁止令はイノベーションと競争を減らし、価格を高騰させ、米国の消費者と企業が世界最先端の通信技術を利用...

CRI online
2019年5月18日 16時0分
続きを読む

米は間違ったストーリーの下に中国をスケープゴートに=イェール大学研究員

 米イェール大学ジャクソングローバル事務研究所のスティーヴ・ローチ上級研究員は、このほどプロジェクト・シンジケートのウェブサイトに論説を発表し、「今日の米政界は中国に関する間違ったストーリーを受け入れ、米国に困難をもたらす咎の全てを中国に押し付けている」と指摘しました。 論説は、...

CRI online
2019年5月17日 22時25分
続きを読む

ランキング