フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授

配信日時:2019年5月20日(月) 17時50分
フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授
画像ID  1092853
 米イェール大学のスティーブン・ローチ教授 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無...
 

米イェール大学のスティーブン・ローチ教授

 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無いようトランプ政権に呼びかけました。

 ローチ教授は、ブルームバーグテレビジョンの取材を受けた際に、「1930年5月には、1000名以上の経済学者が当時のフーバー大統領に署名入り公開書簡を送り、『スムート・ホーリー関税法』の否決を強く求めた。だが、フーバー大統領は現在の大統領と同じで、自分を経済学者よりも経済に詳しい人間だと考え、これらの意見を無視した」と述べました。

 現代の経済学では、この法案の実施によって1930年代の世界恐慌が引き起こされたという見方が一般的になっています。

 ローチ教授は、歴史的教訓を鑑みた上で、「米国は再び過ちを犯す危険がある」として、その過ちとは、大統領が学者の意見を無視したことで起こるものだと強調しました。(提供/CRI)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事