Record China

ヘッドライン:

フーバー政権の二の舞を演じてはならない=米イェール大学教授

配信日時:2019年5月20日(月) 17時50分
拡大
 米イェール大学のスティーブン・ローチ教授 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無...

 

米イェール大学のスティーブン・ローチ教授

 経済学専門家である米イェール大学のスティーブン・ローチ教授はこのほど、トランプ政権による中国からの輸入商品への追加関税措置は「1930年代の保護貿易主義政策に酷似している」として、保護貿易主義的な行動をやめ、過去の二の舞を演じることの無いようトランプ政権に呼びかけました。

 ローチ教授は、ブルームバーグテレビジョンの取材を受けた際に、「1930年5月には、1000名以上の経済学者が当時のフーバー大統領に署名入り公開書簡を送り、『スムート・ホーリー関税法』の否決を強く求めた。だが、フーバー大統領は現在の大統領と同じで、自分を経済学者よりも経済に詳しい人間だと考え、これらの意見を無視した」と述べました。

 現代の経済学では、この法案の実施によって1930年代の世界恐慌が引き起こされたという見方が一般的になっています。

 ローチ教授は、歴史的教訓を鑑みた上で、「米国は再び過ちを犯す危険がある」として、その過ちとは、大統領が学者の意見を無視したことで起こるものだと強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

【CRI時評】ファーウェイが窮地からの鮮やかな反撃

 米国商務省は16日、証拠が全くないにかかわらず、中国企業のファーウェイ(華為、HUAWEI)およびその他の70社を、輸出規制の対象とする「エンティティー・リスト」に追加した。このことで、ファーウェイが米国企業から技術や部品を調達することができなくなった。 しかし、米国政府は大切...

CRI online
2019年5月19日 19時40分
続きを読む

米紙『ニューヨークタイムズ』がファーウェイ副総裁の文章を掲載

 17日付けの米紙『ニューヨークタイムズ』は中国企業・ファーウェイ(華為技術)の取締役兼高級副総裁である陳黎芳氏の文章を掲載し、「米国にはファーウェイが必要だ。ファーウェイへの輸出禁止令はイノベーションと競争を減らし、価格を高騰させ、米国の消費者と企業が世界最先端の通信技術を利用...

CRI online
2019年5月18日 16時0分
続きを読む

米は間違ったストーリーの下に中国をスケープゴートに=イェール大学研究員

 米イェール大学ジャクソングローバル事務研究所のスティーヴ・ローチ上級研究員は、このほどプロジェクト・シンジケートのウェブサイトに論説を発表し、「今日の米政界は中国に関する間違ったストーリーを受け入れ、米国に困難をもたらす咎の全てを中国に押し付けている」と指摘しました。 論説は、...

CRI online
2019年5月17日 22時25分
続きを読む

【CRI時評】米国にはどのような信頼性が残っているのか

 国連の発表によると、中国は世界第2位の分担金負担国であり、最近も国連通常予算の12.01%を納入した。国連のステファン・ドゥジャリク事務総長報道官も記者会見で、中国に対して、わざわざ中国語で「謝謝(シエシエ=ありがとう)」と述べた。 鮮明な対比を示しているのが米国だ。米国は国連...

CRI online
2019年5月17日 20時20分
続きを読む

【CRI時評】バノン氏の流儀こそが米国の敵だ

 トランプ政権で首席戦略官と上級顧問を務めたバノン氏が、米国政府が中国に対して再び関税引き上げという「ムチ」を振るおうとしている今を狙い、六つの分野に言及して「中国はすでに米国の最大の敵となった」との妄言を展開する長文を発表した。同文章はかつての上司に対して、今回の中国との「経済...

CRI online
2019年5月16日 22時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング