中国の外資導入が持続的に増加、量は安定し質も高まる―中国メディア

配信日時:2019年5月22日(水) 8時50分
画像ID 
上海市政府は6日、アップルの中華圏本部、ハネウェルの自動車部品グローバル研究開発センター、ナイキのデジタルスタジオなど27カ所に地域本部・研究開発センター証書を交付した。北京市商務局も同日データを発表し、第1四半期に北京は情報伝達、ソフトウェア、情報技術(IT)サービスの分野で外資系企業45社を誘致し、前年同期比50%増加したこと、実行ベース外資導入額が12億9000万ドルに達し、前年同期の3.1倍に増えたことを明らかにした。人民日報が伝えた。

習近平(シー・ジンピン)総書記は、「中国の外資導入の政策は変わらず、外資系企業の合法的権利に対する保護は変わらず、各国企業の中国での投資や創業によりよいサービスを提供するという方向性は変わらない」と指摘した。

経済グローバル化の時代には、市場に活力がほとばしり、扉がより大きく開かれている場所があれば、企業はそこに行く。今年に入ってから、中国経済の質の高い発展の原動力が強まり、開放の歩みは着実に力強くなり、海外からの投資を誘致する力が持続的に高まった。

商務部がまとめた統計では、今年1~4月の中国の実行ベース外資導入額は安定成長を維持した。全国で新たに設立された外資系企業は1万3039社、実行ベース外資導入額は451億4000万ドル、人民元に換算して3052億4000万元で同6.4%増加した。中国の外資導入は量が安定し質が高まり、ますます価値を高めている。

外資導入は構造がより合理的になった。1~4月にはハイテク製造業とハイテクサービス業の外資導入額が大幅に増加した。ハイテク製造業の実行ベース外資導入額は334億1000万元で同12.3%増加し、このうち電子・通信設備製造業は同38.7%増加、コンピューター・オフィス機器製造業は45.8%増加だった。ハイテクサービス業は524億8000万元で同73.4%増加した。

外資導入は主体がより多様化した。1~4月には、主な投資供給源からの投資の増加率が低下することなく、韓国からの投資は同114.1%増加、ドイツからの投資は同101.1%増加した。欧州連合(EU)からの実行ベース外資導入額は同17.7%増加し、「一帯一路」(the Belt and Road)参加国とASEANからの投資が目を引いた。同期にASEANが中国で新規設立した企業は437社で同33.6%増加し、「一帯一路」参加国は1050社、同23.5%増加だった。

外資導入は配置のバランスがよりよくなった。1~4月には、中部・西部地域、自由貿易試験区の外資導入額が安定的に増加した。西部地域の実行ベース外資導入額は211億6000万元で同9.6%増加。自由貿易試験区は同11.8%増加して、外資導入全体に占める割合は11.9%だった。

国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が発表した「世界投資趨勢モニタリング報告」によると、昨年には世界の対外直接投資が減少を続ける状況の中で、中国市場の外資導入ペースは鈍化せず、引き続き発展途上国の中で1位だったという。2月に中国米国商会が発表した2019年「中国ビジネス環境調査報告」では、広大な市場の持つ可能性、徐々に改善されるビジネス環境により中国は引き続き世界の投資が真っ先に向かう投資目的地となっているとの見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<