Record China

ヘッドライン:

J-20戦闘機が30ミリガトリング砲装備へ、発射速度は毎分6000発―中国メディア

配信日時:2019年5月21日(火) 0時10分
拡大
2019年5月18日、中国メディアの新浪軍事は、中国のJ-20ステルス戦闘機に30ミリガトリング砲が搭載される見込みだとする文章を掲載した。

文章は「現在すでに多くのJ-20戦闘機の高解像度な写真が公開されているが、今のところ機関砲の正確な位置については見つかっていない」と紹介。その位置を見つけ出すヒントとして、「まず前方の射界を遮らない場所。そして、ステルス性能を保つために、使用しない時には隠せるような場所にあること」とした。

そして、J-20に搭載する機関砲について「外部では23ミリ口径、30ミリ口径のどちらを採用するのかという議論が起きている」と紹介。「この点についてはステルス機同士の戦闘において機関砲を使用する機会が全くないわけではないものの、頻度としては少ないため、速さと正確さ、強さを備えた機関砲が必要になる」と説明した。

そのうえで、この3条件を同時に満たす機関砲は「わが国が最近開発した30ミリガトリング砲しかない」とし、「この機関砲は発射速度が毎分6000発で威力も驚くべき高さ。なおかつ非常に軽量というメリットが多い武器である」と紹介。「これをJ-20に搭載しない理由はないだろう」と論じた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国J-20は早期警戒機に対する脅威…になるはずだったが米軍はすでに「対策済み」―中国メディア

中国ではこれまで、自国のJ-20戦闘機に射程300キロメートルの空対空ミサイルを搭載すれば、米国の早期警戒機にとって脅威になると主張する記事が発表されてきた。しかし新浪網は、米国はすでに対策を編み出したと論じる記事を発表した。写真はJ-20。

Record China
2019年5月7日 6時40分
続きを読む

J-20を登場させた中国航空産業にも重大な欠落、短期間では米国に追い付けない―中国メディア

中国メディアの新浪網は「中国はJ-20という世界でも先進的な戦闘機を作ることができるが、この分野では大きく差を付けられている」と題する記事を掲載した。写真は、欧米のライバル機と比べて大きな問題があると記事が指摘した中国のJ-10戦闘機。

Record China
2019年5月4日 23時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング