Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】バノン氏の流儀こそが米国の敵だ

配信日時:2019年5月16日(木) 22時20分
拡大
 トランプ政権で首席戦略官と上級顧問を務めたバノン氏が、米国政府が中国に対して再び関税引き上げという「ムチ」を振るおうとしている今を狙い、六つの分野に言及して「中国はすでに米国の最大の敵となった」との妄言を展開する長文を発表した。同文章はかつての上司に対して、今回の中国との「経済...
(1/3枚)

 トランプ政権で首席戦略官と上級顧問を務めたバノン氏が、米国政府が中国に対して再び関税引き上げという「ムチ」を振るおうとしている今を狙い、六つの分野に言及して「中国はすでに米国の最大の敵となった」との妄言を展開する長文を発表した。同文章はかつての上司に対して、今回の中国との「経済戦争」で妥協せず、関税という「ムチ」を徹底的に振るうようそそのかすものだ。バノン氏が論じた6分野に渡るいわゆる「証左」をやや詳細に読むだけで、論理が混乱していて反論するにも値しないものであることが分かる。

その他の写真

 例えば、バノン氏は文中で、中国は一貫して工業化された民主国家と「経済戦争」をしてきたと中国を非難した。事実としては、中国の「一帯一路」イニシアティブは、全世界から最も歓迎される公共物としての協議・協業・共有の最も大きなプラットフォームを設立しようというものだ。さらに例を挙げるなら、バノン氏は米中貿易紛争とは「根本的な衝突」であり、米国が関税策を堅持するようそそのかした。バノン氏の文章は極端な好戦思考に満ちており、「貿易戦争に勝者はいない」という歴史の教訓を顧みず、全世界の民意にも背を向けるものだ。

 バノン氏の最も敵意に満ちた主張は、中国が「全世界を押さえつける覇者」になることを望んでいるとしたことだ。この主張には逆に、彼の根深い覇権思想が強く反映されている。中国が提唱する「人類運命共同体」の理念とは、中国と各国が発展を共に推進し、安全を共に維持し、ガバナンスに共に参画し、成果を共に享受していくとする表明だ。このような「天下は公のためにある」という心情を持ち、実際に取り組むことは、「米国優先」を信奉する米国の政治関係者には理解が難しいのか、あるいは故意に理解しようとしないのかもしれない。

 だが、バノン氏に代表される米国の一部の極右政治活動家の中国に対する誹謗中傷は、1950年代のマッカーシズムの「亡霊」が勢いを取り戻していることを示している。これとは別のオルタナ右翼運動を進める米国の政治家らは排外主義を信奉し、中国をスケープゴートに仕立て、米中間の正常な経済摩擦についてすら、調和できない価値観の矛盾であり文明の衝突だと騒ぎ立てている。中には、中国と戦争をすぐにでも起こすことを求める者すらいる。彼らはそうやって、政治活動のさらに大きな場を獲得して私欲と野心を満足させようとしているわけだ。

 今週水曜日(15日)、米国では一部の上院議員が、いわゆる「米国の安全リスク」を低減するために、中国の軍事研究機関の職員と賛助者に対する入国ビザの発給禁止を求める法案を、連邦議会に提出した。ホワイトハウスは同日、「国家緊急事態」を宣言し、米国企業が国家安全の脅威となる企業の製造した通信設備を使用することを禁止した。同措置は、華為(HUAWEI)を念頭に置いたものとみなされている。

 経済がグローバル化した今日、米国という、圧倒的な科学技術力を持ち、軍事と経済の実力でも世界で最も発達した国が、このようにおじけづき、世界に対する扉を閉ざしてしまうことを望むとは、実に常軌を逸したふるまいだ。「外の敵と戦うは易し、心の魔を除くは難し」と言う。実際に、米国を打ち負かす者がいるとすれば、それは米国自身だ。現在のところ、「ゼロサム・ゲーム」と強権政治という旧式思想を手放そうとせず、米国国内の至る所で大騒ぎをする新右翼こそが、米国の真の敵なのだ。(CRI論説員 盛玉紅)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<アジア文明対話>習主席と夫人が文化カーニバルに出席

 習近平国家主席と夫人の彭麗媛氏は15日夜、北京の国家体育場で、アジア文明対話大会に出席している外国首脳の夫妻らと共に、文化カーニバルに出席しました。習主席は挨拶で、中国政府と人民を代表して各国の来賓や芸術家に熱烈な歓迎の意を表し、アジア文化カーニバルのスタートを宣言しました。 ...

CRI online
2019年5月16日 10時50分
続きを読む

【CRI時評】いわゆる「泥棒論」は、自らと他人を欺いているだけだ

 最近になり、米国の一部政治家が、「米国は一つの貯金箱であり、中国を含め、あらゆる国がそこから金を盗んでいる」と発言した。このような言論は、経済の基本的な常識が欠落しているだけでなく、それ以上に自らをも他人をも欺くものだ。 市場の規律によれば、売買とは双方が望んで成立することにな...

CRI online
2019年5月16日 0時5分
続きを読む

【CRI時評】人類の文明に、上下や優劣の別は絶対にない

 「文明の交流と学び合いを深め、アジア運命共同体の共同建設を」をテーマとするアジア文明対話大会が15日、北京市内で始まった。最近になり、一部の西側政治家が下心をもって「文明衝突論」に改めて言及するようになった。この大きな背景が出現したことで、アジア文明対話大会の開催は、まさに「時...

CRI online
2019年5月15日 22時50分
続きを読む

中国の力示したCMGのニュースがSNSトレンドのトップに

 中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)の夜7時のニュース番組「新聞聯播」で報じられたニュースが話題を呼び、国内SNSのトレンドでトップとなりました。 その主な報道内容は「外部の環境がいかに変わろうとも、中国が最も大事にするべきことは、自国について把握し、改革開...

CRI online
2019年5月14日 22時55分
続きを読む

ランキング