トランプ米大統領、ファーウェイ製品締め出しに道開く大統領令に署名=ファーウェイ「規制は米国をより強い国にはしない」―中国メディア

Record China    2019年5月16日(木) 19時50分

拡大

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、トランプ米大統領が「安全保障上のリスク」がある会社の通信機器を米企業が使うことを禁じる大統領令に正式署名したことを受けて、声明を発表した。資料写真。

トランプ米大統領は15日、「安全保障上のリスク」がある会社の通信機器を米企業が使うことを禁じる大統領令に正式署名した。中国メディアの環球網は16日付の記事で、「この問題について報じたほぼすべての海外メディアは、これが米国企業とファーウェイの取引禁止のために道を開くものだと報じている」とした上で、これを受けてファーウェイが「当社の事業を制限する米国の措置は、米国をより強い国にはしない」と回答したと報じた。

記事によると、ファーウェイは声明を発表し、「当社は次世代通信規格5Gの機器において比肩するもののない指導者であり、米国政府と製品の安全を保障する措置について意思疎通する意欲がある」とした一方で、「当社の事業を制限する米国の措置は、米国をより安全で強い国にはしない。むしろ、米国は質の劣る高価な製品しか使用できなくなり、5G整備で後れをとり、最終的に米国の企業と消費者の利益を損なうことになるだろう。非合理的な規制は当社の権利を侵害するものであり、他の深刻な法的問題を提起する」とした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携