一帯一路の稲の生産能力を強化する「グリーン・スーパー稲」―中国メディア

配信日時:2019年5月17日(金) 0時20分
一帯一路の稲の生産能力を強化する「グリーン・スーパー稲」―中国メディア
画像ID  1091482
中国農業科学院作物科学研究所からこのほど、朗報が寄せられた。それは同研究所の黎志康研究員が担当する「アフリカ及びアジアの資源不足地域向けのグリーン・スーパー稲の栽培」プロジェクトが、北京市で締めくくられたという知らせだった。
中国農業科学院作物科学研究所からこのほど、朗報が寄せられた。それは同研究所の黎志康研究員が担当する「アフリカ及びアジアの資源不足地域向けのグリーン・スーパー稲の栽培」プロジェクトが、北京市で締めくくられたという知らせだった。経済日報が伝えた。

同プロジェクトは世界最大の植物ゲノムリシークエンスを行い、干ばつや塩分、水害に強く、養分の吸収力が高い稲の新品種を育成した。「一帯一路」(the Belt and Road)関連の18の国と地域における稲の生産能力を高め、大きな社会・経済効果を生んだ。

同プロジェクトは10年を計画し、3期に分けて実施された。主な対象国にはアジア9カ国(フィリピン、ベトナム、ラオス、カンボジア、インドネシア、スリランカ、バングラデシュ、インド、パキスタン)、アフリカ9カ国(モザンビーク、タンザニア、ルワンダ、エチオピア、ウガンダ、リベリア、ナイジェリア、マリ、セネガル)、及び中国5省・自治区(寧夏回族自治区、貴州省、四川省、雲南省、広西チワン族自治区)が含まれる。

黎氏によると、プロジェクトの10年間の長期目標は、アジア、アフリカのサハラ砂漠周辺、中国5省・自治区におけるグリーン・スーパー稲新品種の栽培をスピーディに展開し普及させること。これらの地域の小規模農家の稲生産能力を平均で20%以上高め、対象国・地域の3000万人以上の農家の所得を大幅に拡大する。

グリーン・スーパー稲プロジェクトは現在すでにアフリカ・アジア18カ国で試験的な栽培、審査、普及を行っている。高生産量かつ高品質で各種条件に強い品種は78種に達し、普及面積は累計612万ヘクタールに達している。(提供/人民網日本語版・編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事