Record China

ヘッドライン:

なぜ?学校に通う娘をこっそりつける母親、「母は偉大」と中国ネット感動

配信日時:2019年5月16日(木) 17時20分
拡大
13日、中国黒竜江省ハルビン市の少女が通学する際、母親がこっそり後をつける動画が中国版ツイッター・微博に投稿され、話題となっている。写真は階段で遮られてしまっている中国の点字ブロック。

2019年5月13日、中国黒竜江省ハルビン市の少女が通学する際、母親がこっそり後をつける動画が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で複数のアカウントによりシェアされ、話題となっている。

投稿によると、少女は生まれつき視力がない。家を出てから学校にたどり着くまでの368メートルを、彼女は15分かけて歩いて通学する。母親は娘を心配し、毎日学校への行きと帰りに少女の後をこっそりつけているのだという。しかし、少女はこれを知らない。母親は「娘は一人で通学していることに自信を持っているから」と話している。

母親は、「家を出てすぐの道路は車の通りが多い。自分の体が盾になるように娘が渡り切るのを見ている」と説明。また、「娘が道に迷うと助けたくなるが、心を鬼にして何も言わずじっと見ている。自分で判断できなくては彼女が困るから。同じ場所をぐるぐる回ることもあるが、最終的には自分で帰り道を見つけてくれる。彼女が家に着きそうになると急いで家へ戻り、彼女を迎えるふりをしている」と話した。

これに対し、中国のネットユーザーは「母は偉大なり」「母親の愛情は言葉で表現できるものではない」などとコメント。また、「この動画を見て、視覚障害者専用道路の重要性に気づかされた」「中国の道路は視覚障害者に優しくない」「視覚障害だけでなく、どんな障害を持つ人にとっても利用しやすい道の整備が必要だ」といった声も上がっている。

この他、「お母さんはかなり近い距離で娘さんを見ているけど、娘さんは目が見えない分、聴覚がかなり優れているのでは?もしかしたらお母さんに気付いているけど言ってないだけかもしれない。だとしたらお母さんへの愛だな」といったコメントも見られた。(翻訳・編集/和田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本と中国の差はここからも分かる!視覚障害者に優しい日本社会=中国ネット「中国はメンツ工程。見せるためのもので実用性は関係ない」

6日、中国のポータルサイト・今日頭条は視覚障害者に対する対応の違いで日本と中国の差が分かると主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は点字ブロック。

Record China
2016年3月8日 6時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング