輸入米国製品の一部に対し追加関税実施を決定=国務院

配信日時:2019年5月13日(月) 23時20分
画像ID 
 『中華人民共和国対外貿易法』や『中華人民共和国輸出入関税条例』などの法規と国際法の基本原則に基づき、党中央委員会、国務院の批准を受け、国務院関税税則委員会は、2019年6月1日0時より、すでに追加関税を実施している600億ドル相当の米国製品の一部を対象に、追加関税率をさらに引き上げ、それぞれ25%、20%または10%追加することを決定しました。なお、今まで5%の追加関税を実施した品目については、引き続き5%を適用する方針です。

 この追加関税調整措置は、米国の単独主義と保護貿易主義への対応措置とされています。なお、中国側は、米国側が二国間貿易交渉の正確な軌道に立ち戻り、中国と共に努力し、歩み寄り、相互尊重に基づいた互恵共栄の協定を結ぶよう努めることを求めています。(ミン・イヒョウ む)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<