中国の7月の新エネルギー車販売台数が減少=「補助金が無くなったら誰も電気自動車なんて買わない」―中国ネット

配信日時:2019年8月15日(木) 6時10分
中国の新エネルギー車販売台数減少=中国ネット「補助金が無くなったら買わない」
画像ID  1088742
13日、新浪財経は、中国の7月の新エネルギー車の販売台数が減少したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は電気自動車。
2019年8月13日、新浪財経は、中国の7月の新エネルギー車の販売台数が減少したと伝えた。

記事は、「12日に中国自動車工業協会が発表したデータによると、19年1~7月の自動車販売台数は1413万2000台で、前年同期比11.4%減となった」と説明。7月の減少幅は小さくなったものの、業界全体の減少傾向に変わりはないという。7月の新エネルギー車の販売台数は前年同月比4.7%減で、マイナス成長は2年半ぶり。新エネルギー車のメーカーに対する補助基準などの改定が影響したとみられる。

これに対し、中国のネットユーザーから「補助金が無くなったら誰も電気自動車なんて買わないよ」「新エネルギー車は補助金が無くなれば悲惨な最後を迎えるだけ」などのコメントが寄せられた。

また、「企業が電気自動車を造ったのは、はっきり言って補助金のため。業界は成熟しておらず、電池は5年も持たず廃棄になるが、それが環境汚染になっている」「電気自動車って本当に環境に良いのだろうか。電池自体の汚染が深刻なのに」との指摘もあった。

ほかには、「ガソリン車が無くならない限り電気自動車を買うことはない」「消費者は理性的だということだ」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はやぶ***** | (2019/08/15 07:40)

    余談であるが電気自動車の航続距離は想像以上に短いので気を付けなければいけない、例えば公称航続距離450キロの日産リーフは実際にはエアコンやオーディオカーナビ等をOFFにして高速道路を大型車並みの低速で走って250キロがやっとである、また急速充電を使うとバッテリーが激しく劣化しまたインバーターも傷むので大体3年位すると重大な故障が頻繁するようになる、道楽で買うなら未だしも一家に一台の車としては電気自動車はとてもお勧め出来ない高額で不出来な玩具である
    このコメントは非表示に設定されています。
  • はやぶ***** | (2019/08/15 06:17)

    元々中国の電気自動車はせいぜい試作品レベルの粗大ゴミである、大体中国に限らず電気自動車のようにリサイクル出来ないリチウムイオンバッテリーを大量に使っている車はエコでは無いだろう、また直接車から排気ガスが出ていなくても、発電所で電気を起こしている時に大量に排気ガスが出ているのだから
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事