「また1人の笑顔を奪った」TWICEサナへの批判が台湾でも話題、過去にはツウィが涙の謝罪

配信日時:2019年5月4日(土) 11時50分
TWICEサナへの批判が台湾でも話題、過去にはツウィが涙の謝罪
画像ID  1088628
3日、韓国の人気ガールズグループTWICEの日本人メンバーであるサナが、インスタグラムへの書き込みを問題視され、韓国のネットユーザーに批判されているトラブルについて、台湾のネット上では「また1人の笑顔を奪った」と不快感を示すコメントが多く投稿されている。
2019年5月3日、韓国の人気ガールズグループTWICEの日本人メンバーであるサナが、インスタグラムへの書き込みを問題視され、韓国のネットユーザーに批判されているトラブルについて、台湾のネット上では「また1人の笑顔を奪った」と不快感を示すコメントが多く投稿されている。

その他の写真

問題となっているのは、サナが先月30日にTWICEの公式インスタグラムに投稿した内容について。「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!! 令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!」と、1つの時代が終わることへの思いを日本語でつづったものだが、「グループの公式な発信場所に日本語で書くべきでない」といった意見から、元号を国粋主義に絡めて日本そのものを嫌悪する過激なものまで、批判のコメントがあふれた。

3日、音楽番組に出演したTWICEだが、出演後には涙ぐんで肩を落とすサナを、日本人メンバーのモモと韓国人メンバーのナヨンが左右から支える姿も。これにも韓国のネットユーザーが反応し、「日本人を支えるべきではない」とナヨンに向けても批判の声が上がっている。

こういったサナの騒動に対し、台湾のネットユーザーからは「また1人の笑顔を奪った」と不快感を示すコメントが多く寄せられている。その理由はかつて、TWICEの台湾人メンバーのツウィ(周子瑜)が国旗問題で中国のネットユーザーから猛攻撃を浴び、涙の謝罪動画を公表した過去があるため。「サナは自分が生まれた時代への思いを語っただけ。責める理由が見当たらない」「韓国メディアの報道を見ると、いずれも日本の天皇と絡めているが、サナの書き込みには”天”の字さえ見当たらない」「ツウィのように、また事務所の命令で謝罪させられるようなことは決してあってはならない」といったコメントが見られる。(Mathilda
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2019/05/05 12:32)

    これが韓国です。表の顔に騙されてはいけません。これが韓国人の本質なんですよ。だから日本人が韓国グループなんかに入っちゃだめだと言ったのに、それを選択したんだから仕方ないですね。こういう仕打ちに合うのは火を見るよりも明らかなのに愚かな選択をしたもんだ。今回だけじゃありませんからね、これからも同様の仕打ちを何度もされることでしょう。悪いことは言いません。早く日本に帰りなさい。身の為ですよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/05/05 11:46)

    韓国人の「公正と信義」に自分の身の「安全」だけでなく命をも賭ける。理不尽なこと(それが韓国人にとっての公正であり日本に対する信義)をされても一言も反論せず、最後には謝罪に追い込まれ、自殺でもすれば韓国人は喝采し、前文もよくやったと褒めてくれる。国内から国民が拉致されても救出に向かう軍もなく、首相が無条件で(拉致は取り上げなくてもよい)会談したいと要望する。南も北も同じ。 変えるべきは9条ではなく憲法前文と国民の意識。この事態を招いたのは軍国主義や戦争だと思っている。戦後の日本人が招いていることなのに戦前戦中の日本人のせいで十字架を背負ったと思っているのは傲慢。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事