<中国人観光客が見た日本>京都と奈良で目にした「生きた化石」、私は心震えた

配信日時:2019年4月27日(土) 12時40分
京都と奈良で目にした「生きた化石」、私は心震えた―訪日中国人
画像ID  1086996
25日、中国旅行大手の携程旅行(シートリップ)のウェブサイトに、中国人旅行者による京都と奈良を訪れた感想を綴った文章が掲載された。
2019年4月25日、中国旅行大手の携程旅行(シートリップ)のウェブサイトに、中国人旅行者による京都と奈良を訪れた感想を綴った文章が掲載された。以下はその概要。

その他の写真

20世紀最大の歴史学者、アーノルド・ジョゼフ・トインビーは著書『歴史の研究』の中で、「中華文明は形成後、周辺へと拡散し『衛生文明』を生み出した。日本文明もそのうちの一つである」と指摘した。

これは正しく、日本文明の川は、源流をたどると中華文明という水源にたどり着く。

私が思うに、中華文明が日本文明にとって重要な源となるには2つの条件が必要であっただろう。一つは「受信者」がいること、そしてもう一つは「伝播者」がいることだ。仮に日本が外来の文明を拒絶していたら、どんな「水」や「風」も四方を海に囲まれた日本にはたどり着けなかったことだろう。また、仮に伝える者がいなければ、海を隔ててどれだけ声を張り上げても、文明が彼の地に根付くことはなかったに違いない。

鑑真は中華文明の伝播者として、最も繁栄していた時代の中華文明を日本に持ち込み、それは日本文明の源流となった。私は京都、そして奈良に足を踏み入れ、当時鑑真が中華文明を伝えたその地に立ったとき、心が震える思いがした。

京都と奈良では、まるで時空を超えたかのように、華めき、賑わう長安の光景が私の眼の前に浮かび上がった。私は感嘆した。1200年の時を経た今、この地は中国人がかつての中華文明の味わいを感じるための「生きた化石」となっているのだ。(翻訳・編集/岩谷)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2019/04/28 01:39)

    そうだ、忘れていたけど日本文明の源流の一つは、中国文明だ。 西欧文明の源流の一つが、チグリス・ユーフラテス文明にあるのと同じだ。 日本も西欧も、遠い過去に他文明の影響を受けたが、文明の主要部分は日本も西欧も自力で生み出した。日本からみると中国は全く違う社会になってしまったように、西欧から見ると中東は全く違う社会になってしまった。 中国人が日本社会をどう感じようと勝手だが、日本から中国を眺めると、古代文明にか見えない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2019/04/27 17:35)

    742年遣唐使派遣2名の留学僧が鑑真を訪ね、僧を任命することが出来る導師の派遣を要請すると全ての弟子が渡航の困難さから拒否した事を知って自ら赴く事を決意。しかし当時の唐は僧の渡航を禁じており、743年第一回を含め3回が弟子の密告などで中止となった。揚子江で難破し、遭難して海南島まで流されて弟子が死亡し自らは失明しても諦めず、最初から11年後6回目の渡航で成功する。鑑真の渡航には30名の弟子の高僧が帯同したという。あれほど拒絶していたのにも関わらず。 中国文明が源流で日本は化石だと自慢する前に、弟子も拒み国も禁じる危険で違法な渡航に挑戦した鑑真を突き動かしたものが何か、現在の中国人に損得を越えたそれほどの勇気と努力を持つ者がいるのかどうか考えるのが先ではないだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/04/27 14:15)

    >中華文明は形成後、周辺へと拡散し『衛生文明』を生み出した おそらく〈衛星文明〉と言いたかったのだろう。これは翻訳者の責任である。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事