わが国は早期警戒機開発で「専門家多数が犠牲」になる猛努力、機種数は米国を抜き機数は世界第2位―中国メディア

配信日時:2019年4月26日(金) 17時20分
早期警戒機開発で「犠牲者多数」の努力、機種数は米抜いた―中国メディア
画像ID  1086200
23日、新浪網は自国の早期警戒機を紹介する記事を掲載。開発に当たって搭乗した「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。写真はKJ-2000早期警戒機。
中国メディアの新浪網は2019年4月23日付で、自国の早期警戒機の状況を紹介する記事を掲載した。米国の妨害により国外技術の導入ができない状況で、「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、現在は機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。

記事は冒頭で、現代空軍で早期警戒機は「空中指揮所」であり「戦力倍増機」と紹介。国外技術の導入についてはイスラエルとの協力が米国の「侮辱と妨害」により終結したと論じ、電子の専門家、「自らが開発し、自ら乗り込んだ飛行機の墜落で30~40人が犠牲」になるなどの猛努力で10機種を登場させたと紹介した。

記事は次に、それぞれの機種を紹介。まず取り上げたのは空警-2000(KJ-2000)で、4~5機しか製造されていないが、早期警戒と管制の「絶対核心力量」と論じた。さらに、同機が搭載しているレーダーは米国のE-3早期警戒管制機より先進的と主張した。なお、E-3は初飛行が1976年で、運用開始が77年。KJ-2000は初飛行が2003年で運用開始は08年とされる。

記事次に取り上げたのはKJ-200だ。空軍と海軍で計30~40機と、中国で最も多く配備されている警戒機という。記事によれば、レーダーの形状により前方と後方のそれぞれ60度は死角となるが、探知可能な範囲はKJ-2000より遠方に及び、いわゆるステルス性を持つ航空機への対応能力が高いという。

KJ-500は、中国空軍にとって第3世代の早期警戒機で、性能はKJ-2000以上であり、地上目標も正確に探査できるとして、記事は「新たな定義により、早期警戒機の概念を変えた」と主張した。

記事は、パキスタン軍が4機を保有するZDK-03も、開発したのは中国と紹介。中国の第4世代早期警戒機と位置付けた。

記事はさらに、湖北省武漢に設置された、「コンクリート製模擬空母」の甲板上での駐機の写真がネットで流れた早期警戒機を紹介。艦載機タイプのKJ-600早期警戒機の実証機だという。

記事は、すでに退役した警戒機や直-18(Z-18)など早期警戒ヘリコプターを紹介。「わが国の早期警戒機は機種数が世界一で、機数も米国に次ぐ」「性能も極めて先進的」と主張。問題点としては「プラットフォームとなる機体の少なさ」と論じた。

早期警戒機は通常、旅客機や輸送機の機体を利用して、電子装置の取り付けなどを施して完成させる。中国は「早期警戒機の元」となる機体の少なさに悩まされつづけてきたという。

記事は、実例としてKJ-2000を取り上げた。土台となる機体はソビエトが開発したジェット輸送機のIl-76で、入手が極めて困難になってしまった。また、KJ-200、KJ-500が利用した運-8(Y-8)やY-9は飛行性能や機内の居住性で米軍機よりも極めて劣っているという。なお、Y-8は1974年に初飛行した現役の中国空軍輸送機だが、原型はソ連空軍が1959年に運用を開始したAn-12輸送機、Y-9は2010年に初飛行した中国空軍の輸送機だ。

記事は最後の部分で、中国にはすでに、Y-20輸送機(2016年に運用開始)、C919旅客機(開発中、17年に初飛行)、CR929旅客機(ロシアと共同開発に着手)があると主張。次世代の早期警戒機は、これらの機体を利用するとの見方を示した。(翻訳・編集/如月隼人

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事