「韓国企業はしっかりして」韓国人が日本でうらやましいと感じたこととは

配信日時:2019年4月30日(火) 9時30分
「韓国企業はしっかりして」韓国人が日本でうらやましいと感じたこととは
画像ID  1086145
23日、韓国のインターネット掲示板に「今回日本に行って見てうらやましかったこと」と題したスレッドが立ち、注目を集めている。写真は日本のコンビニ。
2019年4月23日、韓国のインターネット掲示板に「今回日本に行って見てうらやましかったこと」と題したスレッドが立ち、注目を集めている。

スレッド主がうらやましかったこと、それは「機能性飲料の種類が多いこと」だ。スレッド主は「歳を取ると体のために糖質やプリン体を気にしなければならなくなる」とし、日本で売られている「トクホ」のお茶をはじめ、カロリーゼロの炭酸飲料や糖質ゼロのノンアルコール飲料などを紹介しており、そのリーズナブルな価格にも感心している様子を見せている。

最近では韓国でもノンアルコール飲料が登場しているというが、スレッド主は「韓国企業はしっかりしてほしい。(日本産の飲料が)安価で輸入されたら、誰が国産を飲むと思う?韓国産のミネラルウォーターがソウルより日本で安く売られているのを見ると、どうかなと思う」と値段を指摘している。

これを受け、韓国のネット上では「飲料だけじゃない。お菓子もカップ麺もお弁当も日本の方が種類も多くて質もいい」「日本のスーパーに行ったら、韓国の物価がどうしてこんなに高いのかと思う」「食品業界はダメ。お菓子も20年前より10倍以上も高騰した」などスレッド主に同調する声が上がり、その理由について「韓国はこれまで政府が企業をサポートしすぎたせいで、企業が消費者に強気に出る世界になってしまった」との指摘も上がっている。

一方で「種類が多いからって何?」「日本は本当に選択の幅が広い。だけど日本産の飲料が輸入されたからって韓国産の飲料がダメになるとは思えない。今も輸入ビールが安価で売られているけど韓国産のビールは生き残ってる。なぜなら韓国人は昔からの味に慣れてるから」「韓国でトクホ的な飲料を作ったことないって?そんなことない。作っても売れないから作らないだけ」と反論コメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ガッサ***** | (2019/07/01 22:41)

    韓国は、見えなければ何をしてもよい。他がしているから自分も。GSはまともだが、それ以外はおおきなラベル(整形女顔入)で具がないのを隠している。 弁当の1/3を水のペットボトルが占めるようなものを平気で売り、それを買う。もっと企業は誠実な仕事をしてほしい。日本の7-11は弁当がおいしいと評判だ。ちなみに韓国のセブンと日本のセブンは関係がない。韓国はロッテだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2019/05/02 00:41)

    元々日本のコンビニが韓国に進出したのが始まりで、韓国人が日本との比較にコンビニで比べるが日本国内では、スーパーマーケットで買い物するのが普通で、コンビには24時間購入できる事と、色んなチケットが代えるから便利だから食品も買うというだけ。 コンビニで、700円の弁当ならスーパーマーケットなら同等の物が、500円以下で購入できる。 つまり韓国の弁当は日本の弁当に比べたら質的に半分程度だから、日本の弁当と韓国の弁当2個とで同等。 韓国の弁当と比較したら韓国の弁当の3分の一の値段で日本で弁当が買えると言う事。
    このコメントは非表示に設定されています。
    88 14
  • 月夜海***** | (2019/04/30 09:35)

    こういう記事を読むと改めて日韓併合の不毛を思う。近いが遠くに追いやっておきたい隣人だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事