Record China

ヘッドライン:

習主席が第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムに、37カ国が円卓サミットに出席へ―中国

配信日時:2019年4月22日(月) 18時10分
拡大
国務委員を務める中国外交部の王毅部長は19日に行われた同部の中国内外のメディア向けブリーフィングで、第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムが4月25日から27日にかけて北京で開催されることを明らかにした。

国務委員を務める中国外交部の王毅(ワン・イー)部長は19日に行われた同部の中国内外のメディア向けブリーフィングで、第2回「一帯一路」(the Belt and Road)国際協力サミットフォーラムが4月25日から27日にかけて北京で開催されることを明らかにした。習近平(シー・ジンピン)国家主席が開幕式に出席して基調演説を行うほか、首脳円卓サミットの全プロセスで議長を務める。またサミットの閉会後、習主席は中国内外のメディアに成果を発表する予定だ。

王部長は、「現時点で、37カ国のトップや政府首脳が円卓サミットに出席することになっている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米中覇権争いで進む「世界経済ブロック化」、戦前の悪夢再来か?=米国が中国IT企業排除も、欧州は「一帯一路」に踏み出す―日本の役割重要に

米トランプ政権が保護主義的な政策を推進。米中間の貿易戦争や次代覇権争いが激化し、「世界経済ブロック化」危機が進行している。ベルリンの壁の崩壊から30年近くが経過した今、今度は米国と中国の間の緊張が高まっている。

八牧浩行
2019年4月6日 6時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング