Record China

ヘッドライン:

名古屋の水族館の斜め上行く展示、中国でも話題に

配信日時:2019年4月19日(金) 0時40分
拡大
18日、名古屋港水族館の特別展「寿司ネタ大集合~水族館が斬る!寿司のいろいろ~」が中国でも注目を集めている。

2019年4月18日、名古屋港水族館の特別展「寿司ネタ大集合~水族館が斬る!寿司のいろいろ~」が中国でも注目を集めている。

マダコやシャコ、トヤマエビなど生きた魚たちを、それぞれの寿司のレプリカと一緒に展示。寿司の形にまで調理する様子を小型モニターでメイキング映像として放映したり、飼育員自らが実食した感想も含めて解説したりしているという。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でも、その様子を紹介する投稿があり、「面白いね」「発想が斜め上すぎる」「アイデアは無限大」「日本ならでは」「お腹空いてきた」「その場で一つ握ってもらえるの?」などの感想が寄せられていた。また、「シャコが寿司ネタになるなんて知らなかった」という声もあった。

一方で「悪趣味」「残酷」などの反応もみられた。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング