Record China

ヘッドライン:

李克強首相「日本企業の対中投資拡大を歓迎」―中国

配信日時:2019年4月16日(火) 18時20分
拡大
中国の李克強首相は15日、第5回日中ハイレベル経済対話に出席した河野太郎外相ら日本の閣僚と中南海の紫光閣で会談した。

中国の李克強(リー・カーチアン)首相は15日、第5回日中ハイレベル経済対話に出席した河野太郎外相ら日本の閣僚と中南海の紫光閣で会談した。新華社が伝えた。

李首相は「日中は互いに重要な隣国だ。昨年以来、互いの努力で両国関係は正常な軌道に戻り、新たな発展も得た。双方は日中間の4つの基本文書の確立した原則を基礎に、『歴史を鑑として未来に向かう』精神に基づき、両国関係の長期にわたる健全で安定的な発展を推進するべきだ」と指摘した。

また、第5回日中ハイレベル経済対話の成功開催を祝したうえで「日中は共に世界の主要エコノミーであり、協力強化は両国の利益にかなうだけでなく、地域及び世界の平和・安定・繁栄にも資する。双方は共に自由貿易を支持し、世界貿易機関(WTO)のルールを遵守しており、共に相手国企業のために公平で公正かつ非差別的なビジネス環境を築くべきだ。中国側は確固として揺るぎなく改革を深化し、開放を拡大する。日本企業の対中投資拡大を歓迎する」と強調した。

李首相はさらに「昨年両国は日中イノベーション協力メカニズムの構築を発表し、すでに第1回会合に成功した。両国がイノベーション分野で協力を強化し、実務的成果をさらに多く得て、金融、第三国市場、観光分野の協力を拡大することを希望する。中国側は日本側及び関係各国と日中韓自由貿易協定(FTA)、域内包括的経済連携(RCEP)交渉を推進し、域内国の共同発展のためにさらに大きなチャンスを創造することも望んでいる。中国側は日本側が今年のG20大阪サミットを成功させることを支持する。各国と共に世界経済ガバナンス改革を推し進め、世界経済の発展に新たな原動力を注入したい」とした。

河野外相ら日本側高官は「昨年、日中両国総理の相互訪問が実現し、二国間関係は正常な軌道に戻った。日中ハイレベル経済対話は実り豊かな成果を得た。双方は日中イノベーション協力メカニズムの第1回会合も行った。こうした交流によって、新時代における日中の互恵的協力関係が力強く推進された。日本側は中国側とイノベーション、金融、環境保護、水素エネルギー、観光、青年、スマートシティー、第三国市場などの分野で協力と交流を強化し、多国間分野での意思疎通と調整を深化し、RCEP交渉が年内に前向きな進展を得る後押しをしたい」と表明した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「アジアで最初にグローバル化に成功した国は日本、日本にはまだ手本にすべきことがたくさんある」=中国人企業家の発言に中国ネットの反応は…

中国メディアの新浪財経は、14日に北京で行われた「第5回中国グローバル化フォーラム」で中国大手の不動産会社、万科集団(vanke)の創設者である王石氏が行ったスピーチを紹介。ネットユーザーからコメントが寄せられた。

Record China
2019年4月16日 7時40分
続きを読む

日中韓FTA、妥結のカギは日本―中国メディア

中国メディアの参考消息網は15日、日中韓自由貿易協定(FTA)のカギは日本が握っているとする記事を掲載した。記事の筆者は、中国現代国際関係研究院の顔澤洋(イエン・ザーヤン)氏だ。資料写真。

Record China
2019年4月15日 16時20分
続きを読む

日韓WTO訴訟、韓国大逆転勝訴の裏側―中国メディア

14日、紅星新聞は、WTOの上級委員会が、東日本大震災に伴う原発事故を受けて福島県など8県産の水産物輸入を規制している韓国の措置を不当とした一審判断を取り消し、日本が事実上逆転敗訴となる最終判断を下したことについて分析する記事を掲載した。資料写真。

Record China
2019年4月15日 11時20分
続きを読む

ランキング