中国人がわれわれの肉を買い去っていく―独紙

配信日時:2019年4月16日(火) 7時10分
中国人がわれわれの肉を買い去っていく―独紙
画像ID  1083646
15日、環球時報は、「中国人がわれわれの肉を買い去っていく」と指摘するドイツ紙の記事を取り上げた。資料写真。
2019年4月15日、環球時報は、「中国人がわれわれの肉を買い去っていく」と指摘するドイツ紙の記事を取り上げた。ドイツは間もなくバーベキューシーズンを迎えるが、スーパーに並ぶ豚肉はいっそうの値上がりが予想されるという。

記事はまず、中国人のドイツ産豚肉への需要が増加している原因について、「中国でヨーロッパの豚肉への需要が急激に上昇している。アフリカ豚コレラの影響を受け、中国国内の生産者は需要を満たせないのだ」と述べた。

その上で、「今年に入って以降、ドイツの豚の価格は27%上昇し、1キロあたり1.73ユーロ(約220円)になった。中国の需要が伸びており、ドイツの養豚農家は大喜びだ。豚1頭につき5週間前より30ユーロ(3800円)多く稼げるからだ」と伝えた。

ドイツの別のメディアは、「中国の豚肉需要の増加がここ数週間の世界の豚肉価格を押し上げた。北京政府が公表したデータによると、今年最初の2カ月間で中国の豚肉輸入量は前年同期比で1割増加した。この恩恵を最も受けているのはヨーロッパの豚肉輸出業者だ」と紹介しているという。

欧州委員会の統計によると、今年1月、欧州連合(EU)から中国への豚肉の輸出量(内臓を含む)は前年同月比で17.4%増加し、輸出額は約2億ユーロ(約253億円)に達した。輸出量が最も多いのはスペインとドイツだという。

記事は最後に、ある専門家が「中国の豚肉需要は今後数カ月間伸び続け、それと同時にEUの対中輸出も拡大するだろう。そして、豚肉以外の牛肉などの輸出も伸びていくだろう」と分析していることを伝えた。(翻訳・編集/和田)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/16 07:26)

    >中国人がわれわれの肉を買い去っていく 肉を売ると約束したが、血を流していいとは言っていない。シェークスピア〈ベニスの商人〉のセリフである。ドイツ人はユダヤ人同様に中国人のことも嫌いなのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事