【募集中】韓国語社内スタッフ

北京市に「春の風物詩」…幻想的な柳絮の舞い、ただし呼吸器トラブルや火災の危険が

配信日時:2019年4月13日(土) 18時30分
北京市で「柳絮の舞い」、幻想的な光景も呼吸器トラブルや火災の危険
画像ID  1082900
北京市で10日、柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる綿毛に覆われた柳の種子が大量に宙を舞った。
北京市で10日、柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる綿毛に覆われた柳の種子が大量に宙を舞った。中国メディアの新浪網が2019年4月11日付で報じた。春の訪れを告げる風物詩で幻想的な光景でもあるが、吸い込むと呼吸器に障害を起こす恐れがあり、また地上に積もった柳絮は極めて燃えやすく、火災の危険もあるという。

その他の写真

柳絮は古くから漢詩などの題材にもなってきた中国の春の風物詩だ。静止画像ではぼたん雪のようにも見えるが、ぼたん雪よりもずっと軽いので、そよかな風にも流されて宙を舞う。

幻想的な光景だが、吸い込むと呼吸器に障害を起こす恐れがある。特に柳絮アレルギーの人は、激しい発作を起こす場合もある。新浪網によると、北京ではマスクを着用して吸入してしまうことを防止する人も多かったという。なお、日本にある柳の多くは、種子の綿毛が少ない品種で、北海道などで多い移入種以外に目立つ柳絮は発生しない。

柳絮のもう一つの問題は、火が極めてつきやすいことだ。特に、晴天が続いて乾燥した場合は危険だ。柳絮が大量に放出した後には、所によって柳絮が相当な厚さに積もる場合がある。タバコのポイ捨てなどで一気に燃え広がるなどの火災も後を絶たないという。

画像や映像で見る限り幻想的で独特の美しさがある光景だが、実際に住む人にとってみれば厄介な面も多いようだ。(翻訳・編集/如月隼人
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事