米国で兵馬俑の指が盗まれる、陪審員の多くが無罪と判断=中国で怒りや不満の声

配信日時:2019年4月11日(木) 19時10分
米国で兵馬俑の指が盗まれる、陪審員の多くが無罪と判断=中国で怒りの声
画像ID  1082719
11日、米国の博物館で展示されていた「兵馬俑」1体の親指を盗んだとして逮捕された米国人男性被告の裁判で、12人の陪審員のうち7人が被告を無罪と判断したため評決不成立となり、審理が無効になったことが中国で注目を集めている。写真は秦始皇兵馬俑博物館の1号坑。
2019年4月11日、米国の博物館で展示されていた古代中国の兵士をかたどった陶像「兵馬俑(へいばよう)」1体の親指を盗んだとして逮捕された米国人男性被告の裁判で、12人の陪審員のうち7人が被告を無罪と判断したため評決不成立となり、審理が無効になったことが中国で注目を集めている。

中国メディアの環球網が伝えたもので、米ペンシルベニア州にある博物館「フランクリン研究所」で18年2月、展示されていた兵馬俑のうちの1体の親指がなくなっていることが判明した。捜査当局は、17年12月に同研究所で開かれたクリスマスパーティーの後、閉鎖されていた展示室に忍び込み、兵馬俑1体の親指をもぎとって持ち去ったことを認めた24歳のマイケル・ロハナ容疑者を逮捕した。これを受けて、中国の陝西省文化財交流センターは「強い怒り」と博物館側から問題発覚後すぐに連絡がなかったことに対する「非難」を表明。中国のSNS上でも犯人に厳罰を求める声が起こっていた。

環球網によると、12人の陪審員は今月9日、11時間かけて評議したが、美術品の窃盗、隠匿などに関する評決で一致しなかった。検察当局は5月15日までに再審理するかどうかを決定するという。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、12人の陪審員のうち7人が被告を無罪と判断したことについて、「笑わせる」「米国の法律は自分側の人を守るためにあるようだ」「海外へ貸し出すのはもうやめだ」などと怒りや不満の声が多く寄せられている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/04/12 20:49)

    >11時間かけて評議したが、美術品の窃盗、隠匿などに関する評決で一致しなかった 陪審員は〈兵馬俑(へいばよう)〉が美術品に当たるかどうかで議論したのだろう。作者不詳の古代の土偶は『美術品ではない』と考えてもおかしくない。より罪の軽い〈器物損壊罪〉で裁かれていたら、全員一致で有罪判決を下したはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事