Record China

ヘッドライン:

韓国の番組、中国がまたパクった?中国ネットからは呆れ声続出

配信日時:2019年4月9日(火) 1時0分
拡大
8日、mydaily韓流によると、中国のテレビ局によるパクリ疑惑をめぐり、韓国・SBSが「真相を早急に確認したい」との考えを表明した。資料写真。

2019年4月8日、mydaily韓流によると、中国のテレビ局によるパクリ疑惑をめぐり、韓国・SBSが「真相を早急に確認したい」との考えを表明した。

問題の番組は中国・湖南衛視が手掛ける「我們的師父」。放送が始まるとすぐに、「SBSの番組と制作の意図や進行スタイルがそっくり」との声が上がり、中韓両国のネットユーザーからパクリが疑われたという。

この騒ぎについて、SBSは8日、「番組の版権を売ったことはない」と説明し、「本当に盗作されたのかどうか早急に確認したい」とコメント。中国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「情けない」「中国のスタッフは本当にお疲れ様です。いつも韓国の番組に注目し、人気が出たら急いでマネしないといけないんだから」「確認なんて不要。これはパクリ」「お願いだからこれからは版権を買って」「もう慣れちゃった」「この先、韓国人に『あれもこれも韓国のもの』と言われても反論できない」「中国のオリジナルってどのくらいあるの?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング