Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】工業のグレードアップで試される各国の知恵

配信日時:2019年4月3日(水) 22時0分
拡大
  ドイツ・ハノーバーで開催中のハノーバーメッセは世界でも最大規模の工業見本市だ。同メッセは世界の工業技術発展の「風向計」であり、国際工業貿易分野の「旗艦イベント」と見なされている。ドイツは2011年のハノーバーメッセで「インダストリー4.0」の概念を発表し、来るべき「第4次産業...
(1/3枚)

  ドイツ・ハノーバーで開催中のハノーバーメッセは世界でも最大規模の工業見本市だ。同メッセは世界の工業技術発展の「風向計」であり、国際工業貿易分野の「旗艦イベント」と見なされている。ドイツは2011年のハノーバーメッセで「インダストリー4.0」の概念を発表し、来るべき「第4次産業革命」の到来に備えて製造業の変革に力を入れはじめた。このことは、ドイツ経済の発展に新たな活力を注入することになった。

その他の写真

 今年のハノーバーメッセからは、ドイツの「インダストリー4.0」がまさに概念から実践に、真の工業生産に向けて前進していることが見て取れる。メッセの責任者であるケクラー氏は、「インダストリー4.0の核心部分は人工知能(AI)だ。『Integrated Industry – Industrial Intelligence(統合された産業-産業インテリジェンス)』の主題の下での人工知能、第5世代移動通信技術(5G)、クラウド・コンピューティングの応用などが、今年のメッセのキーワードだ」と説明した。

 ハノーバーメッセは工業イノベーション分野で世界最大の交流プラットフォームであり、今年は出展者の6割が海外からだった。中国からは約1300社が出展し、出展面積は2万平方メートルに達した。中国からの出展は再び、ホスト国であるドイツに次ぐ規模になった。中国企業のファーウェイ(華為 Huawei)は、IoT(モノのインターネット)、クラウド・コンピューティング、ビッグ・データ、機械学習、人工知能などソリューション関連を一体化した技術に重点を置いた。ハイアールなど多くの中国企業は、インダストリアル・インターネットのプラットフォーム、ファクトリー・オートメーション、伝統的エネルギーと新エネルギー、工業ロボット、工業用部品、工業用省エネ照明などで、自らが知的財産権を持つイノベーションの成果を出展した。中国企業の出展はメッセでの「一大見どころ」となった。

 ハノーバーメッセはある意味で、製造業の盛り返しについてのドイツの緊迫した状況を反映している。ドイツで4月1日に発表された数値によれば、工業生産は下降しており、輸出は停滞する傾向にある。政府は2019年の経済成長予想を前年よりも1.5ポイント低い1%に下方修正した。経済協力開発機構(OECD)の予測はさらに悲観的で、2019年のドイツの経済成長率をわずか0.7%としている。ドイツではGDPに占める製造業の割合が先進国中で最も高く、4分の1程度に上っている。したがって、製造業の振興や科学技術のイノベーションを推進することは、単にドイツの未来に関わるだけでなく、さらに重要な現実的意味を持っている。

 このような背景があり、外部との協力はドイツの製造業にとって重要な選択事項になった。中独協力を例とすれば、中国は3年間連続で、ドイツにとって世界最大の貿易パートナーの地位を保った。ドイツ企業の対中投資は現在、欧州諸国で最も多い334億ドルだ。過去1年間だけでもドイツの対中投資は実行ベースで140%近く増加した。中独工業都市連盟は発足後3年を経て、加入する両国の都市が当初の11都市から43都市にまで増加した。

 今回のハノーバーメッセの期間中、両国の企業関係者は中独スマート製造協力フォーラムで、技術に優れたドイツ企業と巨大な中国市場は製造業の産業チェーンに必要な条件を完備しており、絶え間なく増強される自主研究開発の力と、絶え間なく向上するビジネス環境は、両国の投資協力に大きな伸びしろを提供するとの考えを示した。

 ドイツのメルケル首相はハノーバーメッセの会場でドイツ企業に向け、勇気をもってイノベーションに取り組み、環境への適応と自らを変革することで競争力を維持するよう呼びかけた。また、メルケル首相はドイツでの5G建設について、「単純な定義方式」で特定のサプライヤーを排除する方式に反対し、ファーウェイを巡る争議の問題に欧州は一致した態度で向き合わねばならないと述べた。

 第4次産業革命の扉は徐々に開かれつつある。科学技術に導かれる産業のグレードアップの潮流を押し留めることはできない。チャンスとは、少しでも気を緩めれば過ぎ去ってしまうものだ。「飛翔」するか「翼をもぎ取られるか」、これは各国が政策を実施する際に、考えねばならない問題だ。(CRI論説員 王姗姗)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】欧州の「中国恐怖症」について何から語ればよいのか

 中国とイタリアは最近、「一帯一路」の協力覚書に署名し、両国の発展戦略をさらに強く結びつけた。この件は欧州の一部の人を強く刺激した。彼らは中国とイタリアの協力が欧州を分裂させたと考え、中国の投資により、中国経済の欧州連合(EU)に対する影響が絶え間なく強まると懸念している。彼らは...

CRI online
2019年4月2日 20時5分
続きを読む

【CRI時評】中国がフェンタニルを全面管制、薬物問題で世界と共に歩む

 中国公安部と国家衛生健康委員会、国家薬品監督管理局は共同で1日、5月1日付でフェンタニル類を「非薬用類麻酔薬品と精神薬品管制品追加リスト」に加えると発表した。このことは、中国はフェンタニル類を全面管制することを意味する。 向精神薬物の甚大な被害を受け、徹底的に苦しめられた国とし...

CRI online
2019年4月1日 23時25分
続きを読む

2019年初歴訪 彭麗媛夫人の3つの活動

 習近平国家主席と彭麗媛夫人が3月21日から26日にかけて、イタリア、モナコ、フランスへの公式訪問を行いました。 彭麗媛夫人は訪問期間中、今回も3つの活動を行いました。 1つ目は国事です。習近平氏との公式訪問で、具体的には歓迎式典、講演、パーティーへの出席などです。これらイベント...

CRI online
2019年4月1日 15時20分
続きを読む

【CRI時評】山場を迎える中米貿易交渉、双方の利益「交わる部分」の拡大が必要

 2日間に渡って行われた第8ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議が29日に北京で終了した。この協議はこれまでと同様に、中国共産党中央政治局委員、国務院副総理兼中米全面的経済対話中国側代表の劉鶴氏と、米国側ではライトハイザー通商代表とムニューシン財務長官が主導し、双方が合意書に関係...

CRI online
2019年3月30日 14時55分
続きを読む

【CRI時評】海南の地は再び、中国の開放拡大の歩みの「生き証人」になった

 中国・海南省で昨年開かれたボアオ・アジアフォーラムで、中国の習近平国家主席は市場参入の許可の大幅な緩和、これまで以上に魅力のある投資環境の創出、知的財産権保護の強化、主動的に輸入を拡大するという、開放拡大の4項目の重要措置を実施し、同措置は中国に、開放の進展の新たな段階をもたら...

CRI online
2019年3月28日 21時45分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング