Record China

ヘッドライン:

中国民間会社のロケット打ち上げは連続失敗、それでも「米スペースXよりも達成率はるかに上」の指摘―中国メディア

配信日時:2019年4月4日(木) 17時20分
拡大
中国の零壹空間社が開発したロケットOS-Mが衛星打ち上げを試みたが失敗した。しかし中国の民間企業によるロケットは、米スペースXの初期の打ち上げの試みより達成率が高いという。

中国の民間会社、零壹空間(ワン・スペース)が開発したロケットOS-Mが3月27日に衛星打ち上げを試みたが失敗した。中国では2018年10月にも民間会社の北京藍箭空間科技が衛星打ち上げに失敗している。連続2度の失敗だが、米スペースX社の初期の打ち上げに比べれば、達成率ははるかに高いという。中国メディアの観察者が2019年4月1日付で報じた。

零壹空間は3月27日の打ち上げ失敗を受け、4月1日になり「非常に遺憾で残念でならないが、われわれ民営企業に(衛星用ロケットの打ち上げを)模索し試みる機会を与えてくれた時代に心から感謝する」などとするメッセージを発表した。

OS-Mシリーズは全長19メートルで離陸時重量は20トン。4段式の固体燃料ロケットで高度200-1000キロメートルに到達可能。自主開発率は90%以上で、地球周回軌道に小型衛星を投入することを目指している。27日には1段目ロケットの燃焼と分離に成功し、2段目ロケットが燃焼中の打ち上げ後45.68秒に異常が発生し、ロケットの姿勢を制御できなくなった。

18年10月に打ち上げられた北京藍箭空間科技のロケットは「朱雀1号」の名で、1段目・2段目ロケットの燃焼と分離に成功したが、3段目ロケットの燃焼中に異常が発生し、搭載していた衛星の軌道投入に失敗した。

零壹空間や北京藍箭空間科技は、中国政府が国内の民間資本による宇宙開発事業への参入を認める方針に転換したことを受け、2015年に設立された。

記事によると、上海交通大学航空航天学院(航空宇宙学部)の呉樹範常務副院長は、「朱雀1号」の打ち上げが失敗した際に、衛星の軌道投入には失敗したが打ち上げは「基本部分は成功」と論評した。1段目、2段目のロケット燃焼やフェアリング(ロケット先端部分の衛星など搭載物を保護する覆い)の分離に成功し、3段目ロケットにも点火し推力を得ることに成功したからで、呉副院長は「宇宙への道の80%は歩んでいた。スペースX社の1回目の打ち上げが離陸から25秒で制御不能になったのに比べれば、(3段目ロケットの点火までという)3歩を邁進した」と評したという。

中国では、ロケット開発による衛星打ち上げを目指す企業は、すでに80社以上に達しているとの見方もある。いずれも米スペースX社などと競争し、宇宙関連事業の「パイ」を獲得しようと狙っているという。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国が有人月探査に一歩…開発目指す長征9号用・新型500トンクラスのロケットエンジン試験に成功

中国航天科技集団で推進技術を研究開発する同集団第六研究院は、有人月探査に利用することを念頭に置いた長征9号(CZ-9)の第1段に使用する推力500トンクラスのロケットエンジンの試験に成功した。写真は内モンゴル自治区西部にある酒泉衛星発射センター。

Record China
2019年3月27日 21時40分
続きを読む

米アポロ5型に匹敵する能力、中国・長征9号の開発が順調に進展―中国メディア

中国航天科技集団の関係者によると、早ければ2028年に長征9号の初の打ち上げを行う。2030年には年間4、5回の打ち上げ需要を見込む。同ロケットの打ち上げ能力は現状で中国最大の長征7号の10倍程度で、米国のサターン5型に匹敵する。写真は長征7号。

Record China
2018年11月1日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング