韓国軍、「ケータイ禁止令」解除も写真撮影はダメ―韓国メディア

Record China    2019年4月4日(木) 9時50分

拡大

2日、環球網は、韓国軍が兵士の携帯電話使用を限定的に認めることを発表したとする、韓国メディアの報道を伝えた。資料写真。

2019年4月2日、環球網は、韓国軍が兵士の携帯電話使用を限定的に認めることを発表したとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国KBSテレビの1日付報道を紹介。韓国国防部は1日、一日の訓練や仕事を終えた兵士に携帯電話の使用を同日より試験的に認めると発表した。対象は陸海空軍および海軍陸船隊の全部隊で、3カ月間の試行期間を経て、本決定を行うかどうか判断する。

同部は昨年4月に一部の部隊で時間を区切って携帯電話の使用を認める試みを開始しており、今回の措置はその範囲を拡大した形になる。平日は午後6~10時、週末は午前7時~午後10時に、安全上重要な場所を除くすべての空間で利用可能だが、写真や動画の撮影は禁止されるという。

この措置に伴い、韓国の3大通信事業者は兵士向けの携帯電話セットプランを発表。約3000円の基本使用料で通話とショートメール送受信し放題、2GBまでのネット通信ができるとのことだ。

韓国メディア・アジア経済は1日、「携帯電話の使用規制緩和は、単調な軍隊生活に多くの兵士が精神的圧力を抱えていることによるもの。家族や友人とコミュニケーションを取ることで、ストレスや事故を減らすことが期待される。一方で、携帯電話を操作する時間ができることで、兵士間のコミュニケーションが減り、作戦能力に影響が出かねないと憂慮する声もある」と伝えているという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携