Record China

ヘッドライン:

インドと比べ国力・戦力10分の1なのに、どうしてパキスタンは強気なのか―中国メディア

配信日時:2019年4月2日(火) 23時30分
拡大
中国メディアの新浪網は、「パキスタンはインドと比べて遥かに弱小なのに強気でいられるか」との疑問に答える解説記事を掲載した。

中国メディアの新浪網は2019年3月28日付で、「インドの経済軍事実力は巴鉄の10倍、なのにパキスタンはどうして、こんなに強硬なのか」と題する解説文を掲載した。「巴鉄(バーティエ)」は中国での、親近感を込めたパキスタンの愛称。

記事は、インドはパキスタンに比べて面積、人口、科学技術力、軍事費のいずれでも圧倒的に優勢と指摘。GDPではインドの2兆6000億ドル(約288兆3000億円)に対してパキスタンは2789億ドル(約40兆円)に過ぎないと指摘。経済力の大差は軍事費にも反映されインドの17年軍事支出が639億ドル(約7兆1000億円)だったのに対し、パキスタンの同年軍事予算はわずか90億ドル(約1兆円)だったという。

記事は、パキスタンがインドに対抗できているのは核兵器と弾道ミサイルの力と主張。米研究機構によると、15年時点のパキスタンの核兵器保有量は120発で、インドよりも10発多いという。パキスタンはさらに、弾道ミサイルも充実させ、さらに核弾頭ミサイルを搭載可能なミラージュ3戦闘機や、核ミサイルを発射可能な潜水艦も保有している。

記事によると、インドの防空能力の整備は遅れている。ロシア製のS-400地対空迎撃ミサイルを導入したがまだ実戦配備されておらず、インドが自主開発したミサイル防衛システムの実効性については大いに疑問が残ると言う。

記事は、仮にインドとパキスタンの大規模戦争が発生すれば、インド軍がパキスタン軍を圧倒する可能性が極めて高い。しかし、インドはパキスタンから100以上の核ミサイルを撃ち込まれた結果を考えざるをえない。パキスタンも自国被害について同様の考慮はしており、両国とも全面戦争が「勝者なき戦い」になることは理解しているという。記事は、印パ両国には今後も小競り合いが発生するだろうが、そのまま全面戦争になるわけではないと論じた。

なお、中国とインドは現状では健全な関係の構築に努めてはいるが、過去には大規模な戦争に発展した領土問題を今も抱えており、軍事的な緊張が高まることも珍しくない。インドがダライ・ラマ14世やチベット亡命政府が自国内に拠点を置くことを認め、活動を許していることも中国にとっては「極めて不愉快」だ。

一方、パキスタンとインドは第二次世界大戦後にそれぞれ独立してからも対立を続け、大規模な戦争を何度も繰り返している。

その結果、「敵の敵は友」という言い方がそのまま適用できるかのごとく、中国とパキスタンは極めて親密な関係を構築した。その象徴の一つが、カシミール地方を巡る領有権の争いだ。同地方についてはインド、パキスタン、中国がそれぞれ領有権を主張しているが、中国とパキスタンはそれぞれ、相手の実効支配地域を相手の領土と認めて対立を解消した。そのため、インド対パキスタン、インド対中国の争いだけが残ることになった。

中国ではパキスタン(中国語表記で巴基斯担)を「巴鉄」と呼ぶことが多い。「パキスタン、鉄の絆」の略称で、パキスタンに対する親近感を込めた愛称だ。中パ双方の相手側に対する国民感情も、極めて良好とされる。(翻訳・編集/如月隼人

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

パキスタンが財政悪化、IMFに支援要請―中国政府「インフラ建設絡みの中国への債務が原因でない」

財政危機に直面するパキスタンが国際通貨基金(IMF)に支援を要請することについて、中国外務省の陸慷報道官は15日、パキスタンの危機は中国への債務によるものでないと述べた。写真は一帯一路のイメージ。中国は「共に繁栄できる」と主張するが懸念の声も出ている。

Record China
2018年10月17日 13時40分
続きを読む

ランキング