<コラム>山東省炭鉱の町、かつて日本人居留地“坊子”があった

配信日時:2019年4月3日(水) 23時50分
<コラム>山東省炭鉱の町、かつて日本人居留地“坊子”があった
画像ID  1079381
山東省炭鉱の町にはかつて日本人居留地“坊子”があった
ドイツは清国と「膠噢借条約」を締結した翌年の1899年に、青島から済南までの膠済鉄道の起工式を行った。膠済鉄道の敷設工事は、民間会社である山東鉄道株式会社が5400万マルク(現在価格で1600億円)を投入して行われ、青島⇔済南間430キロメートルの本線工事、張店(淄博)⇔博山40キロメートルの支線工事は1901年に青島から坊子まで、更に1902年には張店(淄博)と博山までの支線敷設、1904年には青島⇔済南間の全線敷設が完工し、青島駅舎も建設されて盛大な開通式が挙行された。

その他の写真

膠済線は青島を出ると、膠州・高密を過ぎやや遠回りするように“坊子”に左折し、その後北の濰県(濰坊)に向かう。遠回りする理由は石炭の採掘に関係があった。坊子駅(写真1)から南西1kmの坊子炭鉱で採掘された石炭は、積み出し駅として坊子駅に持ち込まれた。坊子駅は膠済線で最も重要な駅の一つであった。現在も構内に“ぼた山”が取り残され、石炭の臭いがする。また構内には広大な操車場が残っていた。

坊子炭坑はドイツが山東省で最初に採掘を開始した石炭鉱山であった。ところが、この坊子炭鉱鉱脈の出炭量が急に減り、閉山の方向に進んだ。この急な閉山によって、人々が忽然と消えて濰県(濰坊)他に移住した。それが、“街の廃墟”とつながった。時間はその時から止まったままだ。かつての坊子駅は、今は貨物駅として営業されている。坊子駅舎正面左から駅構内に入る事ができ、昔のままの駅構内を探索することが可能だ(写真2)。

濰坊市“坊子”の街は北東の駅に始まる。東西に伸びる膠済線から南の長寧街までの2km、東側は運河から西は北海路まで4kmの約8kmに“日本人居留地”があった。(地図1)のように、駅の前から一から七までの馬路が膠済線に並行に続く。一馬路は駅前通りで、駅や鉄道関係の庁舎や倉庫が並んでいる。駅前から西に行くと蔦の葉で覆われている“横田旅館”があった。一馬路西端には日本家屋が多く見られる。そこから文化路を斜めに下ると三馬路の交差点に出る。街のメインストリートは三馬路であった。南東に“日本電灯公司”の廃墟が見える。南西にきれいな徳建豪華住宅「坊茨(Fang Tze)小鎮」が並び、その入口に「坊子徳日建築群」の石碑があった。1918年7月11日創建の坊子神社は、三馬路にあったと記載されており探索したが、痕跡はなかった。

坊子には日本人が1006人、戸数は399戸で、膠済線沿線では済南に次いで日本人が多かった。その人口構成は教員を含む官衙関係者が268人で、家族婦女子が520人、炭鉱勤務者は53人、その他様々な商売人が104人居た。坊子には新設の“尋常高等小学校”(写真3)があったが、ドイツ統治時代はドイツ医院軍管学校であった。その施設を租借権が移った1914年以降、日本人学校とした。現在はドイツ人住宅「坊茨小鎮」の入口になっている。当時の教員数・児童数に関しての記録はないが、日本人婦女子520名の半分程度として100人ほどの児童がいたのだろうか。当時の門柱がガラスケース内に保存されているのを見て、少し異様な感じがした(写真4)。

学校の北側に“日軍医院跡”があり、まるで野戦病院跡である。更に西に行くと鉄道踏み切りがある。その角の北側にメルヘンチックな“ドイツ軍司令部跡”があり、ちょうど改装中であった。周囲のドイツ建築物は改装中が多いが日本建築物はそのまま放置されている。その南側に唯一改装中の“日本領事館坊子出張所跡”の建屋があった。二階建てレンガ作りである。南側が玄関となっており、車留めの前に噴水のような池があった。坊子まで青島市内から車で2時間ほどである。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事