「日本に初の実戦化第5世代部隊」と中国メディア、F-35を20機配備=中国ネットも反応

Record China    2019年3月28日(木) 11時0分

拡大

27日、環球網は、日本で初の第5世代戦闘機部隊が発足し、F-35戦闘機を20機が配備される予定だと報じた。写真はF-35A(航空自衛隊HPより)。

2019年3月27日、環球網は、日本で初の第5世代戦闘機部隊が発足し、F-35戦闘機を20機が配備される予定だと報じた。

記事は「日本のF-35第5世代戦闘機の保有数が増加し続けるのに伴い、自衛隊が初となるF-35部隊を正式に発足させた」とし、26日に12機のF-35を有する新生302飛行隊が青森県の航空自衛隊三沢基地で発足したことを紹介。同隊の規模は約80人で、今後F-35の配備数を20機まで増やす予定だと伝えている。

また、防衛省の計画では、2020年3月に三沢基地から百里基地へ移転するF-2飛行隊に代わり、現在百里基地にいる301飛行隊が三沢基地に移動し、もう1つのF-35部隊になる予定で、三沢基地では最終的に40機のF-35戦闘機が配備されることになるとした。

この情報について、中国のネットユーザーは「日本のF-35は中国の95式自動小銃に比べればはるかに強い」「この部隊は以後、米国に反抗する主力となるだろう」「日本はまた戦争に向かおうとしているのか」「わが国の防御を強化せよ」「われわれにはJ-20がある」などといった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携