Record China

ヘッドライン:

中国人学者が驚きの持論、「英国人の起源は中国湖北省」―米華字メディア

配信日時:2019年3月26日(火) 12時0分
拡大
25日、米華字メディア・多維新聞によると、湖南大学の男性教授が「英国の起源は中国にある」と驚きの持論を展開した。資料写真。

2019年3月25日、米華字メディア・多維新聞によると、湖南大学の男性教授が「英国の起源は中国にある」と驚きの持論を展開した。

記事によると、湖南省大学法学院の杜鋼建(ドゥー・ガンジエン)教授が20日に北京第二外国語学院で開かれたフォーラムに出席した際、「古代漢語は英語の母なる言語だ。なぜなら英国文化の起源は中国にあるからだ。古代の英国にはアングロ人とサクソン人がいたが、いずれも中国が起源である」と論じた。

具体的に中国のどこを起源とするかについて杜教授は「現在の湖北省だ。湖北省には英山県と呼ばれる場所がある」とし、湖北省西部の皋陶(こうよう)という伝説上の大法官が英国人の祖先であり、商が夏を倒すと古代英国人は西へと移りインドに「恩屈国」を作り、これがいわゆる「アングロ」であると説明した。

記事は、杜氏がかつて「人類の起源はアフリカにある」との説を主張したほか、最新の著書では「華夏文明が世界の文明の始まりだ」との持論を展開していることを併せて伝えた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング