【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

李克強総理、「中日韓FTAの推進は3カ国のいずれにとっても利益」

配信日時:2019年3月15日(金) 23時20分
李克強総理、「中日韓FTAの推進は3カ国のいずれにとっても利益」
画像ID  1075687
第13期全人代第2回会議は15日午前に閉幕を迎え、閉幕後に、李克強総理が人民大会堂の金色ホールで記者会見を行い、国内外の記者たちからの質問に答えた。
第13期全人代第2回会議は15日午前に閉幕を迎え、閉幕後に、李克強総理が人民大会堂の金色ホールで記者会見を行い、国内外の記者たちからの質問に答えた。

李総理は日中韓自由貿易協定(FTA)に関する質問に、「中日韓サミットメカニズムの発足から今年で20年目になる。中国側は議長国として、日韓と共に会議の議題を協議している。議題には中日韓FTAの推進が含まれるべきだと考えている。とりわけ世界的に保護貿易主義が台頭している現在、中日韓FTAを推進し、包括的で高水準かつ互恵的な協定を結ぶことは、3カ国のいずれにとっても利益となる。現在、日韓共に対中貿易が比較的大きな黒字となっているが、それでもわれわれは平等な競争を行い、消費者の選択肢を増やすことを望んでいる。この過程において強みによる相互補完が実現され、各国が利益を得ると私は信じる。中日韓FTAとRCEPのどちらが先に妥結するかについては、各国の努力を見る必要があると思う。どちらが先に妥結しても、中国側は歓迎する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事