韓国人留学生と食事した後になくなったiPhone X、1年後に韓国から電話がかかってきて…―中国紙

配信日時:2019年3月16日(土) 0時0分
韓国人留学生と食事した後になくなったiPhone X、1年後に韓国から電話がかかってきて…
画像ID  1075607
大連晩報によると、中国でなくなったスマートフォンが1年余り後に韓国で見つかるという騒動があった。
大連晩報によると、中国でなくなったスマートフォンが1年余り後に韓国で見つかるという騒動があった。

大連外国語大学に通う女性・劉(リウ)さんは、2018年1月に大連の飲食店で数人の韓国人留学生と食事をして寮に戻った後、買ったばかりのiPhone Xがなくなっていることに気付いた。自分の番号に電話をかけてみたが、すでに電源は切られていた。

警察に届けたが、なくした場所と時間がはっきりせず、情報が少なかった。学内の「落とし物係」のネット掲示板でも情報提供が呼び掛けられたが、反応はなかった。

掲示板の管理者の尹(イン)さんが劉さんに代わり「iPhoneを探す」を設定し、紛失した端末をほかの人が使えないようロックした。そして、拾得者に表示するメッセージとして「なくなったiPhoneを返してください」という文字と自身の電話番号を入力した。当時は2人とも、見つかる可能性は低いと思っていたという。

ところが、それから1年余りが経った今年3月12日、尹さんの番号に韓国から電話があった。電話をかけてきたのは韓国釜山在住の華僑で、なくなったiPhoneが現地の警察に届けられ、中国語が分からない警察に代わり、その華僑が表示されたメッセージを翻訳したとのことだった。iPhoneは劉さんらの身元が確認された後、大連に送られてくることになっているという。

劉さんのiPhoneがどのようになくなり、どのようにして韓国まで運ばれたのかについては、現地警察も分かっていないそうだ。しかし、尹さんは「私たちは気にしていない。スマホがどうやって韓国まで行ったにしろ、最終的には戻ってきた。この不思議な事件に、私たちは温かさを感じています」と語っているという。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/03/16 16:43)

    中国人が紛失したスマホが〈iPhone X〉だったことに注目したい。紛失後に『ファーウエイに機種変更すべきだ』と勧めて来た中国人がいれば、そいつが窃盗犯である。中国人のスマホがファーウエイでないことが許せなかったのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事