「対日外交縮小」案が有力?韓国外交部の組織改編に注目集まる

配信日時:2019年3月15日(金) 12時20分
「対日外交縮小」案が有力?韓国外交部の組織改編に注目集まる
画像ID  1075401
14日、韓国・中央日報は「中国は『東北アジア局』、日本はインドと合わせて『アジア太平洋局』が有力」との見出しで報じた。写真は韓国の国旗。
2019年3月14日、韓国・中央日報は「中国は『東北アジア局』、日本はインドと合わせて『アジア太平洋局』が有力」との見出しで報じた。

記事は、外交消息筋の発言を基に、韓国外交部が中国・モンゴルを担当する「東北アジア局」と日本・インドなどを担当する「アジア太平洋局」に組織を改編することを有力案として検討していることが確認されたと伝えている。

現在、韓国外交部で事実上1つの国を中心に運営されている局は米国業務に集中している「北米局」のみ。記事は「中国業務が主たる東北アジア局が新設される場合、韓国外交部内のヘゲモニー(覇権)も再編されるものと外交界内外が受け止める可能性がある」と指摘している。

また、日本とインドが一緒になるアジア太平洋局ができれば「中国に比べて相対的に対日外交が縮小されるという懸念を呼びかねない」とも指摘。インドは文在寅(ムン・ジェイン)政府の核心外交政策の1つ「新南方政策」の主軸を成す大国であり、日本がインドなどと同じ局に入れば「インドの陰に隠れかねない」という。

さらに記事は「名称についても韓国外交部は苦心している」とし、「日本外務省のアジア大洋州局と似ていることから、日本世論を意識している」と説明している。

これを受け、韓国のネット上では「時代が変わったのなら、生存と発展に向けて変えるべき。日本は韓国の同伴者の役割ではなく、けん制して競争すべき対象」「中国も日本も敵国には変わりないけど、程度が違う」「韓国が敵と考える日本を重要視する必要などない。彼らと近づくために努力する時間があるなら、他国との関係を良くする方が易しいだろう」など日本に対して厳しい声が上がり、「これはよくやった」と改編に賛同するコメントが寄せられている。

そんな中、あるユーザーからは「日本は大して気にしなそうだけど?」とのツッコミが寄せられている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事