【募集中】韓国語社内スタッフ

エチオピア航空機墜落、中国人救援隊員が見た悲惨な光景=「発狂しそうだった」―中国メディア

配信日時:2019年3月14日(木) 15時10分
エチオピア航空機墜落、中国人が見た光景=「発狂しそうだった」
画像ID  1075271
13日、中国新聞網は、エチオピア航空機墜落事故の捜索活動に参加した中国人救助隊員を紹介する記事を掲載した。
2019年3月13日、中国新聞網は、エチオピア航空機墜落事故の捜索活動に参加した中国人救助隊員を紹介する記事を掲載した。

その他の写真

10日、ケニア・ナイロビ行きのエチオピア航空機がエチオピア・アディスアベバの空港を離陸後間もなく墜落し、中国人8人を含む乗員・乗客157人全員が死亡した。中国の救援隊員の1人として現場に駆け付けた趙志偉(ジャオ・ジーウエイ)さんはこの事故で友人を亡くした。

現場に到着した趙さんが見たのは、真っ黒な煙が立ち込める光景だった。機体は見る影もなく、辺り一面に飛行機の部品が散らばるとともに、犠牲者の遺体や荷物の残骸が散乱していた。身の毛もよだつような悲惨な光景が広がる現場は、「ほんの少しいるだけで発狂しそうなほど」だったという。

重機の音だけが響く中、趙さんを含む救助隊員たちはただひたすらに捜索活動を進めた。すると、趙さんは4~5歳と思われる子どもの手を見つけた。当時の様子を語る趙さんは、苦悩に言葉を詰まらせた。

その後も廃墟の中で必死に捜索を続ける趙さん。友人の最期を確認したい一心だったが、衝撃であらゆるものが木っ端みじんになってしまった現場では手掛かりすら見つからない状況だった。時間の経過とともに周囲に悪臭が立ち込め、頭上にはカラスが飛び回り始めたが、それでもあきらめずに友人の亡きがらを探した。

しかし、残念ながら友人の顔を見られないまま、3月12日に捜索活動は終了。真っ赤に日焼けした趙さんは目に涙をうかべ、むせびながら「犠牲になった友人のために何かしたい、遺品を見つけたいと思ったが、どうしても見つからなかった。非常につらい」と語っている。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/03/14 21:58)

    以前、youtubeで、東欧だかどこだかの航空ショーの大惨事をそのままアップしてた人が居たな。もちろんモザイク無しで。 低空でそのまま墜落した戦闘機の機体が観衆に突っ込んでいくんだが、騒然と逃げ惑う人々を何百人も巻き込んでから停止したそれは、人体が如何に脆いものかがよく分かる映像だった。 リアルな戦場を描いた戦争映画は少なくないが、それでもその映像と比較すれば色々と「足りない」とも思った。 多分、この人はそういう現場を目にしたんだろう。 以前、クリント・イーストウッドは「戦争をしたがる人は、戦争に行ったことのない人だ」という趣旨の発言をしたが、軍事に関わる人達には、一度はそういう現場を直に見て欲しいね。勿論、想像力の足りない「戦争したがり」の政治家にも。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/03/14 19:06)

    航空機の事故は離陸時と着陸時に起きることが多い。着陸時は上空から降りて来るため落差が大きい上スピードも出ている。一方、離陸時は燃料タンクが満タンのため、燃料に引火したら大爆発になるはずだ。墜落は事故としても、燃料タンクの構造に欠陥はなかったのだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事