盗撮映像を歌手仲間と共有?性接待斡旋疑惑の「BIGBANG」V.Iにさらなる事実発覚―韓国

配信日時:2019年3月11日(月) 19時20分
盗撮映像を歌手仲間と共有?「BIGBANG」V.Iに衝撃の新事実
画像ID  1074415
11日、韓国・SBSfunEは、性接待斡旋などの疑惑が浮上している韓国の男性グループ「BIGBANG」のV.Iについて、「ある男性歌手2人と、女性を隠し撮りした動画をメッセンジャーアプリで共有していた事実が発覚した」と報じた。写真はV.I。
2019年3月11日、韓国・SBSfunEは、性接待斡旋などの疑惑が浮上している韓国の男性グループ「BIGBANG」のV.I(スンリ)について、「ある男性歌手2人と、女性を隠し撮りした動画をメッセンジャーアプリで共有していた事実が発覚した」と報じた。

SBSfunEによると、警察の捜査状況をよく知る関係者は「警察に提出されたメッセンジャーアプリの証拠のうち、違法に撮影・流通された隠しカメラの動画と写真は約10件に上る」とし、「一部はスンリと別の芸能人2人が参加するトークルームでも共有されていた」と話した。SBSfunEが入手したトークルーム記録によると、16年1月9日午後8時42分にスンリの事業を手伝っていた知人キムさんが、男女が性行為する場面の動画と写真を送信し、これを見たスンリが「誰?ああ、○○さんか(笑)」と返信している。記事は、キムさんについて「警察が10日に脱税の疑いで家宅捜索をしたクラブに勤務していた人物」と紹介。また、「トークルームには映像の男性も参加していた。動画の撮影場所は宿泊施設で、女性は酒に酔った状態で自身が撮影されていることに気付いていない様子だ」と説明している。

さらにキムさんはその後、同じ女性が写った写真を3枚送信。これに対し、映像の男性は「笑」と返信している。記事は「動画の中の男性は、その行動から隠しカメラの存在を知っていたと思われる。撮影者はキムさんとみられるが、事実関係は確認されていない」と伝えている。

また、SBSfunEが取材したところ、同トークルームにはスンリと男性歌手2人、ユリホールディングスのユ代表、知人のキムさん、芸能事務所の職員1人、一般人2人の計8人が参加していた。

この他、警察が入手した他のトーク履歴でも同様の隠し撮り映像が共有されていたという。捜査関係者は「撮影された女性のほとんどがその事実を知らなかったとみられる」と話したという。

記事は「性接待斡旋に続き、隠し撮り映像を流通させた疑惑まで浮上したスンリは再び警察の取り調べを受けることになるだろう」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「衝撃。裏ではそんなことをしながら、平然とファンの前で歌っていたの?」「むけばむくほど罪が出てくる。どれだけ汚い遊びをしていたんだ?」と驚く声が上がっている。

また、「歌手2人の名前も公開するべき」「女性が意識のない状態なら、性行為ではなく性暴行だ」と指摘する声も。

さらに、「BIGBANGは他のメンバーも問題があったけど、スンリとは比較にならない。スンリは本当にしっかりと罪を償うべきだ」「BIGBANGを芸能界から追放し、アルバムなども全て流通禁止、テレビ出演も禁止してほしい」など厳しい処罰を求める声も続々と上がっている。(翻訳・編集/堂本
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事