米政府提訴のファーウェイ、実は会見で折り畳みスマホの宣伝も!?―中国メディア

Record China    2019年3月8日(金) 14時40分

拡大

中国の通信機器大手・ファーウェイが7日、記者会見を開いて米政府を提訴したことを明らかにしたが、「折り畳みスマホの宣伝もされていた」との指摘が中国・観察者網から上がった。

中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)が7日、記者会見を開いて米政府を提訴したことを明らかにしたが、「折り畳みスマホの宣伝もされていた」との指摘が中国・観察者網から上がった。

ファーウェイはこの日、広東省深センにある本社で記者会見を開き、同社の米事業を制約する米国の国防権限法は米憲法違反だとして、同国政府を提訴したと発表。観察者網は「この重大な時を迎えた現場にファーウェイはわざわざ最新の折り畳みスマートフォン、Mate Xを登場させた」と述べ、郭平(グゥオ・ピン)輪番会長をはじめ発言に立った幹部らの手に先月発表されたばかりのMate Xとおぼしき端末があったことを指摘した。

記事によると、一部米国メディアもこれに気付き、Engadgetは「郭氏が米政府提訴について発表した内容は、Mate Xに表示される内容に基づいて読み上げられたものだ」と強調したそうだ。記事は「ファーウェイがMate Xを外部に披露するのは、先月のスペイン・バルセロナに続く2回目になるとみられる」とも伝えている。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携