中国のJ10Cの評価は?英軍事専門家「米軍のF16は相手にならない」―中国メディア

Record China    2019年3月9日(土) 5時20分

拡大

6日、新浪軍事は、中国の第4世代戦闘機J10の改良版であるJ10Cについて、4.5世代の性能を持つ強力な戦闘機で、F16は敵ではないと英国の軍事専門家が評価したことを伝えた。写真はJ10。

2019年3月6日、新浪軍事は、中国の第4世代戦闘機J10の改良版であるJ10Cについて、英国の軍事専門家が「4.5世代の性能を持つ強力な戦闘機で、F16は敵ではない」と評価したことを伝えた。

記事はまず「J20の誕生で、中国は米国に続く第5世代戦闘機の保有国になった。今なお一部の国は中国の戦闘機の発展について色眼鏡で見ており、戦闘機の研究では自国に及ばないと認識している。しかし、この状況に近頃変化が生じているようだ」と論じた。

その上で、英国王立防衛安全保障研究所の専門家が「ある部分において米国のF22に比肩するということでJ20の登場は間違いなく全世界から注目を集めたが、多くの人が中国の優秀な戦闘機というとJ20しか思い浮かべない。ほかにもJ10Cなどの優秀な戦闘機が存在することを忘れがちだ」と論じたことを伝えた。

同専門家は、1980年代末に研究製造された第4世代戦闘機のJ10のなかで、PL10短距離空対空ミサイルやPL15中距離空対空ミサイルを搭載したJ10Cが「際立った存在である」と指摘。「より先進的なフェーズドアレイレーダーを備えているという情報もあり、視界外の空中戦では主導権を握ることができるため、米軍のJ16では相手にならない」との見方を示しているという。

また、「J10シリーズ戦闘機はF35戦闘機に匹敵する350機超がすでに配備されている」としたほか、「J10Cはもはや第4.5世代戦闘機に組み入れられる戦闘機であり、そういった意味でもJ10Cはマイルストーン的な意味を持っている」と論じたという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携