パキスタン空軍は強い、なぜなら中国と密接に交流しているからだ―中国メディア

Record China    2019年3月6日(水) 19時10分

拡大

パキスタン機がインド機を撃墜したことについて、中国メディアの新浪網は「パキスタン空軍は強い」として、背景に中国との密接な交流があると論じる記事を掲載した。写真は中国とパキスタンが共同開発したFC―1戦闘機。

インドとパキスタンの間で軍事衝突が発生し、空中戦でインド空軍の戦闘機が撃墜される事態も発生したことで、中国ではインドとパキスタンの戦闘能力についての関心が高まっている。中国メディアの新浪網は2019年3月5日付で、「パキスタン空軍は強い」として、その背景には中国との密接な交流があると主張する記事を掲載した。

第2次世界大戦終結までは共に英領インドとして植民地だったインドとパキスタンは、戦後の独立やさらにはその後も本格的な戦争を何度も経験した。現在も西部のカシミール地方で国境紛争を続ける「犬猿の仲」と言ってよい。中国とインドにも国境をめぐる対立があり、実際に戦争に突入したこともある。

中国とパキスタンはインドに対する「敵の敵は友」とも形容できる極めて親密な関係を構築した。中国人の対パキスタン感情は極めて良好で、パキスタンの対中感情も中国周辺国の中で際立って良好だ。

新浪網記事は、2月に始まった軍事衝突で、パキスタン空軍が撃墜したのはインド空軍のMiG―21戦闘機だったと紹介。「パキスタン空軍の訓練のレベルは非常に高く、パイロットのはつらつとした雰囲気や戦術面の素養は、中国で行われた珠海航空ショーを通じて、多くの人が知っている」と論じた。

また、両国が2011年に始めた空軍の合同演習では、戦闘機だけでなく双方がともに早期警戒管制機を参加させるようになるなど、「当初の1機対1機の空中戦から、総合システムの対抗に発展した」と紹介した。

記事はさらに「密接な交流と切磋琢磨(せっさたくま)、さらに実戦経験も重ねることによって、パキスタン空軍は大規模ではないが、その作戦能力と戦い方はわれわれが深く学習するに値する長所を持つようになった」と論じた。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携