Record China

ヘッドライン:

優れた作品で人民に奉仕を=習総書記

配信日時:2019年3月5日(火) 11時0分
拡大
習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は4日午後、全国政治協商会議第13期第2回会議に出席する文化芸術界と社会科学界の委員らを見舞い、合同グループ部会に参加して、委員らからの意見と提案を聞き取りました。
(1/3枚)

花咲く麗らかな3月、中国の「両会議」タイムがスタートしました。習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は4日午後、全国政治協商会議第13期第2回会議に出席する文化芸術界と社会科学界の委員らを見舞い、合同グループ部会に参加して、委員らからの意見と提案を聞き取りました。この会議で中国の指導者が国の文化芸術の発展に関する重要論述を行ったのは、2014年開催の文芸活動座談会以来とされています。

その他の写真

【習総書記、中国の精神を詳細に説明】

習総書記はその場で、「優れた作品で人民に奉仕することを堅持しなければならない。あらゆる価値と意義のある文化芸術の創作と学術の研究は現実に対する反映と観察を行い、現実問題の解決と現実の課題への対応に有利であるべきだ」として、委員らに対して中国の実情に立脚し、現代中国の進歩と現代中国人の多彩な生活を適切に表現し、中国精神、中国価値、中国パワーを分かりやすく説明して、作品の精神的な高みと芸術的価値を向上させるよう求めました。

習総書記はまた、「時代の歩みと歩調を合わせなければならない」と強調した上で、中国の特色ある社会主義が新時代に突入したことを背景に「新時代を記録し、新時代を書き残し、新時代を謳歌する使命を担い、時代の課題に果敢に挑んで現代中国の偉大な創造活動から創作のテーマを見出し、革新のインスピレーションを捉えるべきである。我々がいる時代の歴史的変革を深く反映させなければならない」と呼びかけました。

さらに習総書記は、新中国成立70周年を念頭にこれまでの変革を遂げてきた奮闘の歴史を作品に反映させ、「歴史的な成果の背後にある、中国の特色ある社会主義の道路上、理論上、制度上および文化面での優位性を分かりやすく説明し、党と人民の更なる前進に強力な精神的サポートを提供すべきである」と求めました。

ジャッキー・チェン委員:中国もハイテク映画を製作できる】

習総書記の談話は委員らの間で、大きな共感を引き起こしています。全国政協委員である著名映画スターの成龍(ジャッキー・チェン)氏は中国初のSF映画「流浪地球(さまよえる地球)」について、「多くの外国人は中国がこのようなSF映画を製作できないと思っていたが、『流浪地球(さまよえる地球)』がこれほど素晴らしい興業成績をあげたことを嬉しく思う。中国もハイテク映画を製作する能力を持っている」と述べました。

また、習総書記は4日の会議後、ジャッキー・チェン委員に声をかけ、彼の新作映画について尋ねました。ジャッキー・チェン委員は「改革開放40周年記念と新中国成立70周年を迎えるための新作映画『攀登者』に出演している」と答えました。

【馮遠征委員:一番印象深い言葉は「中国精神」】

全国政協委員である中国で著名な役者・馮遠征氏は席上、「芸術をいかに人民により良く奉仕するか」と題する発言を行いました。馮委員は記者のインタビューに対し、「習総書記の『創作者は精神を持つべきである』という言葉が印象深かった。この精神は中国精神とも言える。『すべては人民のために奉仕する』ということは優秀な文芸関係者としてのあり方において最重要の主旨でもある。これを使命として代々受け継いでいくべきである」と述べました。(洋、Lin、星)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

【CRI時評】2018年の中国経済「成績表」

 昨年の第13期全国人民大会第1回会議の開幕式で、李克強総理は国務院(中国中央政府)を代表して「政府活動報告」を行い、36項目から成る経済と社会の発展についての定量的な重要指標を提出した。3月1日に中国政府が公式サイトを通じて発表した数値により、2018年の「政府活動報告」の定量...

CRI online
2019年3月4日 15時7分
続きを読む

【CRI時評】中国が4兆元規模の新産業計画を始動、超高精細映像の世界がやってくる

 中国工業と情報化部、国家ラジオ・テレビ総局、中国中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)は2月28日、「超高精細映像産業発展行動計画(2019―2022年)」を発表した。同行動計画によれば、中国は今後4年間でチップ、モニター、通信産業、デジタル化サービスを含めた...

CRI online
2019年3月3日 11時5分
続きを読む

【CRI時評】5G時代の到来が、開放と協力を呼びかける

 スペイン・バルセロナで開催されたモバイル・ワールド・コングレスで、人々が最も多く口にした話題は、今大会が全世界に示した明確なシグナルでもあった。この世界最大の通信業界の大会は今年、「インテリジェント・コネクティビティ(知能的接続性)」をテーマとした。世界の主要な移動通信会社はい...

CRI online
2019年2月28日 11時0分
続きを読む

【CRI時評】中米経済貿易協議が「工事完成」に近づく、利益の合致点では一層の拡大が必要

 米ワシントンで開催されていた第7ラウンドの中米経済貿易ハイレベル協議が24日に終了した。双方は4日間の交渉を通じて、技術移転、知的財産権の保護、非関税障壁、サービス業、農業、そして為替レートなどの具体的問題について、実質的な進展を得た。同時に、トランプ米大統領は3月1日に予定し...

CRI online
2019年2月25日 14時15分
続きを読む

【CRI時評】「一帯一路」が中国とサウジの「1+2+3」の協力新構図を推進する

 この2日間、サウジアラビアのムハンマド皇太子が北京訪問中に長城に足を運んだ写真がSNSで大評判になった。中国のネット民は次々に、「いいね」を投稿して、中国とサウジアラビアの関係がさらに良好になりつつあることを歓迎した。中国は、このほど全日程を終了したムハンマド皇太子のアジア歴訪...

CRI online
2019年2月24日 20時5分
続きを読む

ランキング