Record China

ヘッドライン:

ますます中国を気に掛けるハリウッドー米メディア

配信日時:2019年11月11日(月) 7時30分
拡大
7日、中国紙・環球時報は米CNBCの報道を引用し、ハリウッドの映画界が中国のことをますます気に掛けるようになっていると伝えた。写真は中国の映画館。

2019年11月7日、中国紙・環球時報は米CNBCの報道を引用し、ハリウッドの映画界が中国のことをますます気に掛けるようになっていると伝えた。

記事によると、海賊版とNetflixなどのストリーミングメディアというダブルの打撃により、ハリウッド映画は米国での興行収入が落ち込んできており、中国の映画に対するニーズがこの差額を埋める助けになっているという。

プライスウォーターハウスクーパースの報告によると、専門家は20年に中国が世界最大の映画市場になると予想しており、興行収入は18年の99億ドル(約1兆800億円)から23年には155億ドル(約1兆6900億円)にまで激増する見込みだという。

また記事は、18年第1四半期には初めて中国の興行収入が米国を超えたと指摘。18年の中国の興行収入は北米市場(米国とカナダ)の119億ドル(約1兆3000億円)をわずかに下回っただけだったと伝えた。

南カリフォルニア大学のスタンリー・ローゼン教授は、「映画の撮影前には、必ず慎重になるべきだ。中国市場の大きさを考慮しなければならず、中国に関する描写を正確にしなければならない」と語った。さらに「大作の興行収入の70%かそれ以上が北米以外の市場から来ており、このうち中国がかなりの部分を占める」とも述べている。

その上で記事は、こうした点を踏まえて「ハリウッド映画はますます中国のことを気に掛けるようになっている」と指摘。過去2年、中国で興行収入が高かった作品の3分の1以上が米国映画だと伝えた。しかし、「中国人は経済的な理由と民族の誇りから、中国映画が興行収入の上位に入ってほしいと願っている」という。

このため、近年では米中合作映画が増えていると記事は紹介。ニューヨーク・タイムズの分析によると、1997年から2013年までの間に世界トップ100の興行収入となった作品のうち、中国の出資による作品は12作品にすぎなかったが、その後の5年でこの数が41作品に急増したという。ローゼン教授は、「中国は早く世界最大の映画市場になりたいと願っており、これにハリウッドは絶対に欠かせない」との見方を示した。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

日中映画産業のコラボが急拡大―米誌

29日、中国メディアの環球網によると、米エンタメ誌ハリウッド・リポーターは27日、「日中映画産業のコラボレーションが急速に拡大している」とする記事を掲載した。写真:岩井俊二監督の初中国映画「你好,之華」は昨年11月、中国全土で劇場公開された。

Record China
2019年11月4日 9時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング