日本で生活を始める際の各種手続きは「腹立つほど」面倒―中国ネット

配信日時:2019年2月28日(木) 22時20分
日本で生活を始める際の各種手続きは「腹立つほど」面倒―中国ネット
画像ID  1071092
27日、中国版ツイッターのウェイボーで、中国のメディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏による、「東京での各種手続きが腹立つほど面倒だった」とする投稿が注目を集めている。写真は不動産会社の案内。
2019年2月27日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)で、中国のメディア関係者でブロガーとしても活動する「陳生大王」氏による、「東京での各種手続きが腹立つほど面倒だった」とする投稿が注目を集めている。

陳生大王氏はまず、「ここ数日、東京で各種手続きをした。毎日新しいことばかりで、その新しさに腹が立った」とした。

そして、日本で部屋を借りるには、銀行の口座を開設しなければならないが、来日間もない外国人にはその資格すらない。すぐ作れるのは郵便局の口座だがどこの郵便局でもいいわけではなく、住所の近くの局で手続きしなければならないこと、地図を頼りに最初に訪ねた住所近くの郵便局では「地理的な距離では確かに最も近いんです。でも区が異なるので、他の局で手続きをお願いできますでしょうか」と送り返されてしまったこと、次にタクシーを拾って向かった郵便局では確かに口座を開設できることが確認できたが、2~3人の郵便局員が書類を何度も突き合わせたり、電話で上司に確認をとったりして、1時間近くかかってようやく口座を作ることができ、「郵便局員の態度は最高だったが、業務効率は最低だった」こと、その場でもらえたのは通帳だけで、キャッシュカードは2週間以内に自宅に郵送され本人がサインすることで受け取れるが、別の住所での受け取りを希望したところ、届け出た住所に実際には住んでいないと思われて口座開設を断られてしまったこと、ようやく次の郵便局で「余計なことを言う勇気もなくなっていたら」口座を開設できたこと、そして不動産会社で気に入った部屋を見つけたが、その部屋は「外国人、特に中国人は契約できない」と言われたこと、その理由の一つは東日本大震災の時に多くの中国人が不動産会社に一言も声をかけずにいなくなってしまったこと、もう一つの理由は中国人はいつも借りている部屋をめちゃくちゃにしてしまうことなどを紹介した。

この投稿のコメント欄では「自分も東京にいるが、陳生大王氏が言っていることはすべて真実。日本に来て最初の半年は何をするにも不便だった」「そうそう。多くの留学生にとって最初の半年間は最も精神的にまいってしまう期間」「日本で部屋を借りるのは本当に大変だそうだ。いとこは学校の先生が保証人になってくれてようやく借りることができたらしい」などの声に多くの共感が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2019/03/01 00:36)

    その程度で音を上げるなら日本に来なくていい。 それ以前に準備が悪すぎただけでは? 知らなかったかもしれないが、ここは中国ではなく日本なのだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/02/28 23:54)

    「もう一つの理由は中国人はいつも借りている部屋をめちゃくちゃにしてしまうこと・・・」→わかる!わかる!、前にも書いたが、ホテルでも同様。中国人の利用した部屋の多くはゴミまみれ!、この状況の写真を公開したいくらいだ。泊まってる本人も落ち着かないと思うんだけどな(笑)。まあ、これだけは、お客様への守秘義務があるので、匿名でも公開出来ないのでご勘弁を。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2019/02/28 23:31)

    日本人でも同じ手間暇掛けてるんだから嫌なら来なきゃ良いだけ。てかそんなのネットで調べてから来い。 寧ろ中国人には保証金12ヶ月とか必須にして欲しい、また、トラブル起こしたら強制退去させられるのも当然付けて。 過去に同胞が起こしてきた迷惑を恨めや。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事