【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

中華航空のパイロットがコックピットで居眠り―台湾メディア

配信日時:2019年2月22日(金) 22時20分
中華航空のパイロットがコックピットで居眠り―台湾メディア
画像ID  1069731
21日、中国新聞網は、台湾メディアの報道を引用し、チャイナエアラインのパイロットがコックピットで居眠りをして処分されたと伝えた。写真は中華航空。
2019年2月21日、中国新聞網は、台湾メディアの報道を引用し、中華航空(チャイナエアライン)のパイロットがコックピットで居眠りをして処分されたと伝えた。

台湾メディア・中央社によると、中華航空のパイロットがコックピットで居眠りをし、副操縦士がその写真を撮影し保存していた。メディアによってこの件が報道されると、20日に中華航空が声明を発表。同社では最近、ストライキが発生していたが、「この問題はストライキのずっと前に発生したこと」とし、「居眠りをしたパイロットは自ら会社へ報告し、会社は規定に従って処分を下した」と説明した。

中華航空は、一緒に座っていた副操縦士が注意喚起をせずに写真を撮影したことは不適切な行為に当たるとも指摘。今回の件は古い写真が意図的に暴露される形となったが、中華航空は飛行の安全を重視しており、規定違反者に対しては厳重な処分をしていると強調した。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 仙田 ***** | (2019/02/22 22:57)

    中華航空といえば25年前の名古屋空港での墜落事故が思い出されます、しかし日本の航空会社はとても中華航空の事を笑う資格はない、泥酔状態で乗務に就こうとしたり、あまつさえ乗務中に酒を飲む輩がいたりと、更に乗務前の飲酒チェックも満足に行っていないなど人の命を預かる事に対する責任感や緊張感が完全に欠落しているからである
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/02/22 22:38)

    航空機事故の9割が離着陸時に起きている。だからと言ってそれ以外のときなら寝ていいわけではないが、ウトウトしながら着陸されるよりはましである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事