Record China

ヘッドライン:

爆発的ヒットを記録、中国SF映画「流浪地球」が話題!あの外交部報道官もおススメ―中国

配信日時:2019年2月14日(木) 11時10分
拡大
1/2枚
2019年2月13日、中国で爆発的なヒットを生んでいるSF映画「流浪地球」だが、原作小説の原稿料が驚くほどわずかだったことや、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官まで作品に言及したことなど、さまざまな角度からも話題を呼んでいる。

その他の写真

初めての本格的な中国SF映画として、旧正月に合わせて封切られた「流浪地球」が爆発的なヒットを記録。公開9日目となった13日には、興行収入が26億元(約427億円)を突破している。

この映画は地球の終末がが近づく中、地球ごと太陽系の外へ脱出するという画期的なテーマを描いたもの。中国映画市場における過去最高のヒット作となり、全世界で8億7000万ドル(約986億円)の興収を記録した17年の映画「ウルフ・オブ・ウォー2」(戦狼2)の監督兼主演俳優ウー・ジン(呉京)が、こちらでも主演して再びヒットを生み出している。

異例のヒットを受けて、「流浪地球」がさまざまな角度から注目されている。原作は2000年に雑誌「科幻世界」で発表された劉慈欣(リウ・ツーシン)氏による同名小説だが、当時の原稿料は120元(約2000円)だったことが明らかに。なお、この作品は高い評価を受けて同年、中国SF小説界の最高賞・銀河奨の特等に選ばれている。

13日、中国外交部の記者会見を担当した華春瑩報道官の発言も話題だ。ベルリン国際映画祭のコンペティション部門から、チャン・イーモウ(張芸謀)監督の作品が取り下げられた話題について海外メディアの記者から質問が及んだ際、華報道官は「いま話題の映画は『流浪地球』であり、もしまだ鑑賞していないなら、ぜひ見るようにお薦めする」と語ったもの。ネット上では「華報道官のお墨付き作品だ」などと、発言への大きな反応も見られている。(Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<コラム>シャンシャンで話題になった中国外交部報道官の笑顔からわかる、中国エリートの資質

昨年末、中国外交部の定例記者会見で、華春瑩報道官が笑顔になったというのがニュースになっていました。この出来事を通じて、中国のエリートのレベルが推測できます。写真はシャンシャンに関する質問が出た昨年12月19日の会見時の華報道官。

田中 周
2018年2月5日 15時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング