Record China

ヘッドライン:

マーキュリアインベストメント、あおぞら銀行が中国フィンテク中科金と提携

配信日時:2019年2月9日(土) 10時10分
拡大
マーキュリアインベストメントとあおぞら銀行は、北京中関村科金技術(中科金)との3社業務提携契約を締結した。写真は中科金創業者CEOの趙国慶氏。趙氏は大手ECの京東商城の共同董事長(副会長)を務めていたが、金融分野進出のため2014年に辞職した。

マーキュリアインベストメントとあおぞら銀行は、北京中関村科金技術(中科金)との3社業務提携契約を締結した。日本側2社が2019年2月8日付で発表した。

マーキュリアインベストメントとあおぞら銀行はこれまで、マーキュリアインベストメントが運用するファンドのChina Fintech L.P.を通じて、中科金に出資していた。中科金は、独自技術を駆使した個人向け総合金融サービスを展開してきた。サービスに必要な集客、与信、回収、生体認証、ビッグデータ解析等に関するシステムを全て自社グループ内で開発し、AIを活用することで最短3秒での貸出審査や条件提示を可能とするなどの画期的なサービスで消費者のニーズに対応している。

中国国内でもライセンス数が限定される全国レベルの消費者金融ライセンスを自社グループ内で取得しており、サービス開始2年で登録ユーザー数は約5500万人、契約者数は約1700万人に拡大し、2018年の連結売上高2000億円相当の規模にまで成長した。

あおぞら銀行とマーキュリアインベストメントは中科金との3社業務提携を通じて、日本国内や中国やアセアンなど海外市場における業務を強化する考えだ。(編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ニプロが河南省鄭州に中国6カ所目の拠点を開設、その他

ニプロは河南省鄭州市に中国6カ所目の拠点を開設した。ゲームソフト用ミドルウェアを開発、販売するCRI・ミドルウェアは上海に合弁会社を設立。中国ではミドルウェア普及率が比較的低いため、逆に潜在的需要は巨大という。写真は鄭州市。

Record China
2019年2月8日 10時0分
続きを読む

藤田観光が「インバウンド誘客目的」に広州に中国第2の拠点を開設、その他

藤田観光はインバウンド誘客を目的に、広州市(写真)に拠点を開設する。科研製薬は爪白癬治療剤の中国におけるライセンス契約を締結。大和財託は中国人向け不動産投資サービスを開始。また、インバウンド対策に役立つ「中国女子図鑑」が1日に同時リリースされた。

Record China
2019年2月2日 10時20分
続きを読む

「最も多く購入」は日本の商品…中国人の越境ECサイト利用、鍵となるのは中国語表示―バイドゥ調べ

中国人の越境ECサイト利用で、「日本商品」を購入する人が最も多いことが分かった。ただし中国語表示の有無で、訴求力は大いに違ってくる。写真は消費者に対する不正行為の根絶宣言をする、阿里巴巴や京東など中国の主要ECサイトの代表者。2018年10月撮影。

Record China
2019年2月2日 6時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング