Record China

ヘッドライン:

【CRI時評】英国は「プランB」により「ソフト・ブレグジット」への道を歩みつづける

配信日時:2019年1月30日(水) 22時5分
拡大
 英国議会下院で29日、「EU離脱」合意についての7項目からなる修正案についての審議と採決が行われた。うち、2項目は修正されたうえで可決され、残りの5項目は否決された。現在までの「EU離脱」の交渉において、EU側は一貫して、英国では国内における合意が欠落しており、自らが真に何を求...

 英国議会下院で29日、「EU離脱」合意についての7項目からなる修正案についての審議と採決が行われた。うち、2項目は修正されたうえで可決され、残りの5項目は否決された。現在までの「EU離脱」の交渉において、EU側は一貫して、英国では国内における合意が欠落しており、自らが真に何を求めているのか分かっていないと批判してきた。今回の採決で、英国の「EU離脱」の最終目標が少しずつ明らかになってきた。

 世間では「プランB」と呼ばれる修正案の中で通過した2項目のうち、一つは合意なしのEU離脱を否定するものであり、残りはブレイディ保守党議員の提出した、メイ首相とEUが締結した「EU離脱合意」中の「アイルランド国境のバックストップ措置(厳格な国境管理を避ける措置)」に関する条項を「代替規則」に変更するものだった。

 否定された条文は、主に二つの内容を含むものだった。一つは、メイ首相の「EU離脱」の方式が議会で多数の支持を得られないならば、事前に合意なしの「離脱」も十分に準備されねばならないというものだ。もう一つは、仮にメイ首相による「EU離脱」の方式が2月26日までに議会を通過できないならば、新たな法案の導入により英国の「EU離脱」を後にずらすというものだ。この7項目の修正案に対する最終採決は、英国が「EU離脱」について追求する目標を、極めて明確に示すものだ。すなわち、合意なしのEU離脱は否定するが、EU離脱を延期することも望まず、メイ首相による合意を修正した上で「ソフト・ブレグジット」を達成しようということだ。

 アイルランドとの国境という鍵となる問題において、ブレイディ議員は「代替規則」を明確には示しておらず、「EU離脱」後の英国領北アイルランドとEUメンバーであるアイルランドとの国境問題をどのような方式で解決するかを説明していない。この修正案は317票の賛成票に対して反対票が301票という状況で可決されたのではあるが、その投票結果は外界に一つの重要なシグナルを送ることになった。つまり、もし英国とEUが前回の「EU離脱」合意中のアイルランドとの国境の措置の部分で妥協をするならば、英国議会もメイ首相による「EU離脱」合意を支持するであろうということだ。

 メイ首相は採決前に、EUとの再交渉に役立てるためにブレイディ議員の修正案を支持しするよう、議員の説得に努めていた。同修正案が可決された後にメイ首相は、EUとの間で議会が支持できる合意を達成するために、最大の努力をすると表明した。

 英国のEU離脱の交渉で、EU側の副代表であるヴェヤント氏は、メイ首相がEUに対して明確で実行可能な修正案を提出し、メイ首相もEU側も同修正案が最終的に批准を得られると認識するならば、「無理やりにでも進める」余地があると発言している。

 目下のところ、英国の「EU離脱」問題の焦点は、一点に絞られている。すなわち、EUと英国が、アイルランド国境問題で新たな妥協を達成できるかどうかだ。メイ首相は、英国とEUが最終的に新たな合意を達成できると自信満々だ。メイ首相は議会での採決後、多くの議員が調整後の合意を支持することになるとして、今や新たな道が明確に存在し、その道が英国議会において「合意あるEU離脱」に対する絶対多数による支持を確保させることになると述べた。「ソフト・ブレグジット」は今や、英国にとって唯一の、そして政治的合意を最も多く集める「EU離脱」への道となった。(CRI論説員)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

【CRI時評】中国、制度的開放への邁進で実質的な歩み

 中国の立法機関である全国人民代表大会常務委員会は29日、「外商投資法(草案)」の第2回審議を始めた。同法案の第1回審議が終わってから1カ月後に第二段階に入ったわけだが、中国が同法を迅速に修正して完備させ、そして制定しようと意図していることは明らかに、中国が制度的な開放に向け邁進...

CRI online
2019年1月29日 21時50分
続きを読む

【CRI時評】中国は制度と基準のマッチングを通じて、よりハイレベルな開放を実現する

 先週に開催された2019年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、中国は改めて全世界に向け、全方位的な対外開放を進める決意と確信を表明した。1カ月前、中国の中央経済活動会議は初めて、2019年には商品と生産要素の流動型の開放を、規則など制度面の開放に転換させていくことを打ち...

CRI online
2019年1月28日 21時5分
続きを読む

楽しくにぎやかな新春、喜びにあふれた新たな年ー2019年の「春晩」が幕を開ける

 春節(旧正月、2019年は2月5日)が近づいてきて、全世界の華人は中国中央テレビの番組である「2019年春節聯歓晩会(春晩)」がどのようなものになるかと、期待をふくらませて待っている。中国中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)が成立して初めての「春晩」として、今年の「...

CRI online
2019年1月27日 11時30分
続きを読む

【CRI時評】改革開放の深化、中国は有言実行

 中国国家副主席の王岐山氏は今回のダボスでのフォーラムで次のように述べた。「経済のグローバル化は歴史的必然であり、その過程で発生した問題は状況に応じて処理せねばならない。また中国の選択は、ぶれずに足元をしっかり固め、発展を第一の要務として、全面的に改革を深め、ひたすら全方位対外開...

CRI online
2019年1月25日 23時50分
続きを読む

【CRI時評】中国を理解する鍵

 国際交流において中国人が最も困惑することの一つは、外部の中国に対する不十分な理解であり、それが誤解や曲解さえも生み出してしまうことだ。同様に、外部、特に西側世界の中国の発展や政策などに対する好奇心も理解を難しくしている。中国の王岐山国家副主席は、スイスのダボスで行われている世界...

CRI online
2019年1月24日 17時15分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング