中国メーカーが最大の勝ち組、世界のスマホシェアトップ5のうち3社を占める―韓国メディア

配信日時:2019年1月31日(木) 5時50分
中国が最大の勝ち組、世界のスマホシェアトップ5のうち3社占める―韓国メディア
画像ID  1063703
韓国・東亜日報は30日、米スマートフォンメーカー・アップルが中国での販売見込みを下方修正したのと対照的に、中国のスマートフォンメーカーの業績は急速に伸びていると伝えた。写真はシャオミの携帯。
韓国・東亜日報は30日、米スマートフォンメーカー・アップルが中国での販売見込みを下方修正したのと対照的に、中国のスマートフォンメーカーの業績は急速に伸びていると伝えた。

記事によると、アップルは下方修正の理由を「最近の米中貿易摩擦により、アップル製品が中国消費者のボイコットを受けたため」としているが、専門家からは、アップルのスマートフォンの性能が価格に見合わないためだとの指摘が出ているという。

記事によると、中国最大のスマートフォンメーカー、ファーウェイは2018年にアップルを超え、スマートフォン市場でシェア第2位になった。同社の幹部は、「2年以内に世界第1位のサムスン電子を超える」としているという。

記事は、「ファーウェイの他、OPPO(オッポ)、Vivo(ビボ)、シャオミなどの業績も急速に伸びており、中国市場のシェアトップ4が中国メーカーである(5位はアップル)」とし、世界シェア1位のサムスン電子については「18年12月に天津工場を閉鎖しており、事実上、中国市場を撤退している」と伝えた。

また、「このほかにも国際市場でも中国メーカーは伸びている」とし、「最近のスマートフォン市場のシェアトップ5のうち、3社がファーウェイ、シャオミ、オッポと中国メーカーが占めている。ファーウェイは全世界170カ国以上に販売拠点を持っており、シャオミは価格の安さを武器にインドで最大シェアを誇っている」と伝えた。

記事は「世界で5Gモバイル通信ネットワーク建設が進むにあたり、中国メーカーも積極的に5G携帯電話の開発に乗り出し、年内に5G携帯電話を市場に投入することを目標にしている」と説明し、「アップルは現在、5G開発で停滞しており、中国メーカーに勢いがある」と分析。「特にファーウェイは5G携帯電話の先端技術を持っているため、トランプ政権が中国の技術台頭を抑制しようとしているのは、驚くにあたらない」と伝えた。(翻訳・編集/永井)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事