Record China

ヘッドライン:

世界第2のインドスマホ市場、中国シャオミがサムスン抜き初の年間シェア首位―中国紙

配信日時:2019年1月29日(火) 17時20分
拡大
28日、中国紙・環球時報(電子版)は、世界第2の規模のインドのスマートフォン市場の年間シェアで、中国のシャオミが韓国のサムスン電子を抜いて初めて首位に立ったと報じた。写真はシャオミのロゴ。

2019年1月28日、中国紙・環球時報(電子版)は、世界第2の規模のインドのスマートフォン市場の年間シェアで、中国のシャオミ(小米科技)が韓国サムスン電子を抜いて初めて首位に立ったと報じた。

記事は、韓国・聯合ニュースの27日付報道を引用し、「市場調査会社カウンターポイントリサーチによると、昨年、インドのスマートフォン市場の出荷台数は1億4500万台で、前年比10%増加した。年間シェアで、シャオミがサムスンを抜いて初めて1位となった」と伝えた。

聯合ニュースによると、シャオミの18年のシェアは28%で、17年の19%から9ポイント増加した。一方、サムスン電子は24%で、首位だった17年と同水準だったが、シャオミの急成長に押されて首位の座を明け渡した。シェア3位は中国のVivo(10%)、4位も中国のOPPO(8%)だった。

記事はまた、韓国経済新聞の27日付報道を引用し、「シャオミが昨年、インドで並外れた結果を達成したのは、手頃な価格のモデルと攻撃的な供給戦略によるものだ。サムスンも失地回復に向けて、大画面携帯電話を好むインドの消費者の特性を受けて今月末に新しい主力製品を発売する」とも伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

ランキング