「裸教育」を実践する日本の幼稚園を中国メディアが紹介、中国ネットはどう見る?

配信日時:2019年1月23日(水) 0時0分
「裸教育」を実践する日本の幼稚園、中国ネットはどう見る?
画像ID  1061229
21日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、日本の裸教育を実践している幼稚園について紹介した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はブランコ。
2019年1月21日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、「裸教育」を実践している日本の幼稚園について紹介した。

紹介されたのは、神奈川県のひかり幼稚園。記事は「授業でも食事の時も遊ぶ時も、子どもたちは上半身裸だ。幼稚園によると、これは子どもたちを自然に帰すことであり、裸の状態は頭脳を刺激し発達させることができるのだという」と紹介。4月から10月までは原則として上半身裸に短パンで、11月から3月までは薄着の着用が認められているが、裸を奨励しているという。記事はまた、この教育方針が日本のネットユーザーの間で物議を醸しているとも伝えた。

中国のネットユーザーからは「これはちょっとおかしいのでは」「この年齢の子どもはもう性別の違いを意識する。女の子は適切ではないだろう」といった意見がある一方、「これはいいことだと思う。大自然に直接触れられる。風邪さえひかなければ」「なぜ中国の思考パターンで外国を見るのだ?。世界にはネーキッド・バイク・ライドやストリーキングがある。半裸が大脳に刺激を与えることは科学的な根拠がある」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事