「うらやましい」「中国はいつになったらこのレベルに?」=日本の少子化対策が中国ネットで話題に

Record China    2019年1月18日(金) 16時10分

拡大

17日、新浪経済は、宮腰光寛少子化対策担当相が、子連れ出勤の様子などを視察したことを伝えた。資料写真。

2019年1月17日、新浪経済は、宮腰光寛少子化対策担当相が、子連れ出勤の様子などを視察したことを伝えた。

宮腰大臣は15日、茨城県にある子連れでの出勤を奨励している企業を視察した。宮腰大臣は、「日本政府も子連れ出勤を奨励する政策を考慮しているところだ」とし、「子育てと仕事の両立を図る職場環境をつくっていきたい」と述べた。ある母親は、「交代が必要な時に代わってくれたり、子どもが他の人に影響を与えるようなときに手伝ってくれたりする」と感想を述べた。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本がうらやましい」「中国で子連れ出勤したら解雇されるかも」「これは広めるに値することだ」「いつになったら中国でもこのレベルになるのだろう」など、肯定的なコメントが多く寄せられた。

一方で、「ものすごくうるさくなりそう」「たぶん、同僚はこの様子を見てますます子どもが欲しくなくなるだろう」「仕事をするのは子どもから逃げるためなのに」といった「弊害」を指摘する声も。

他には、「会社が保育園や保育士を用意すればいいだけ」との意見も見られた。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携