「なぜ中台統一を望むのか?」台湾の統一派団体総裁が日本メディアの質問に回答―中国メディア

Record China    2019年1月17日(木) 13時50分

拡大

16日、環球網は、なぜ中台統一を望むのかと尋ねられた台湾の統一派団体総裁の回答について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2019年1月16日、環球網は、なぜ中台統一を望むのかと尋ねられた台湾の統一派団体総統の回答について紹介する記事を掲載した。

記事は、台湾メディアの報道を引用。16日、中国との統一を主張する政治団体「中華統一促進党」の張安楽(ジャン・アンラー)総裁が、日本メディアから「なぜ中台統一を望むのか」との質問を受けたことをフェイスブック上で紹介。張氏は「日本は統一後、二流国家から一流の強国になった。だから当然中国との統一を望む」と回答したという。

張氏は、「1868年前の日本は二流国家で、藩が割拠しそれぞれ治めていた。1868年の明治元年に日本は統一し、全国の力を集めて経済を発展させ、工業の現代化を成し遂げ、世界トップクラスの強国となった。日本の歴史はわれわれに国家統一の重要性を教えてくれている。1人の中国人として、中国と統一することを望むのは当然のことだ」と述べたという。

張氏は長年にわたって中台統一を支持しており、自身のことを「中国台湾省の張安楽」と述べていて、「今は中華人民共和国の世紀であり、中華人民共和国を抱きしめるべきだ」とも語っていた。

また、これまで何度も統一派の団体を率いて台湾当局に対して抗議活動を行っていると記事は紹介。例えば、昨年6月に蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が国防大学復興崗校区三軍6校聯合卒業式に出席した際、張氏は統一を主張する団体である「抜菜総部」の数十人を率いて抗議集会を開き、蔡総統に対して「中国人であることを認める」ように呼び掛けていたという。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携