ファーウェイ、スパイ容疑でポーランドで逮捕の社員を解雇―中国メディア

配信日時:2019年1月13日(日) 11時50分
ファーウェイ、スパイ容疑でポーランドで逮捕の社員を解雇
画像ID  1058973
12日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、スパイ容疑でポーランド当局に逮捕された現地法人の社員、王偉晶氏を解雇すると発表した。資料写真。
2019年1月12日、中国メディアの環球網によると、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は12日に出した声明で、スパイ容疑でポーランド当局に逮捕された現地法人の社員、王偉晶氏を解雇すると発表した。

声明では、解雇理由について「個人的な原因により、ポーランドの法律に違反した容疑で逮捕され、ファーウェイの名誉に悪影響を与えた」とし、「直ちに雇用関係を終了した」と説明。また「われわれはどの国でも法律を順守し、従業員にもそれを求めている」とした。

報道によると、ポーランドの国内公安機関(ISA)は8日、王偉晶氏とポーランドの元安全保障当局者の2人をスパイ容疑で逮捕した。

環球網によると、中国外交部は12日、同件についてコメントを発表し、「大いに懸念している」とした上で、ポーランド政府に「この事件を法にのっとり、公正で適切に処理し、当事者の権利の保障と人道的な扱いをするよう求めた」ことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事